※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

日本初公開作品も「難民映画祭」オンライン&劇場でハイブリッド開催

難民をテーマとした映画を通じて、難民問題への関心を高める取り組み「第18回難民映画祭」が開催されることが決定した。

映画 洋画ニュース
注目記事
第18回難民映画祭
  • 第18回難民映画祭
  • 『ビバ・マエストロ! 指揮者ドゥダメルの挑戦』
  • 『心の涙をことばにして ~今日を生きる子どもたち~』
  • 『私は歌う ~アフガン女性たちの闘い~』
  • 『マインド・ゲーム ~自分の道を信じて~』
  • 『シャドー・ゲーム~生死をかけた挑戦~』
  • 第18回難民映画祭
  • 『南スーダンで生きる ~ある家族の物語~』

難民をテーマとした映画を通じて、難民問題への関心を高める取り組み「第18回難民映画祭」が開催されることが決定した。

これまでに世界各地から集められた260作品を上映し、10万人以上が参加している「難民映画祭」。今年は、難民となった人たちの困難を力強く生き抜く姿に焦点をあてた、日本初公開の5作品、2021年に上映した1作品を上映。

『南スーダンで生きる ~ある家族の物語~』

日本初公開作品は、指揮者グスターボ・ドゥダメルを描く『ビバ・マエストロ! 指揮者ドゥダメルの挑戦』、家族と国を調和させようとする3人の女性の世代を超えた対話を描く『南スーダンで生きる ~ある家族の物語~』、「第16回難民映画祭」の上映作品『シャドー・ゲーム』の続編『マインド・ゲーム ~自分の道を信じて~』などがラインアップされている。

『マインド・ゲーム ~自分の道を信じて~』

なお、10月12日(木)10時より公式サイトにて予約受付開始。劇場開催(東京)は、先着順で定員に達し次第、締め切りとなる。

「第18回難民映画祭」は11月6日(月)~30日(木)オンライン開催、11月6日(月)/23日(木・祝)/25日(土)劇場開催(東京)。


トリとロキタ Blu-ray [Blu-ray]
¥4,270
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

FLEE フリー(字幕版)
¥2,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top