※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ビヨンセ史上最高のライブ公演を映画館で!『Renaissance: A Film by Beyoncé』12月21日公開決定

2023年全世界で話題を集めたビヨンセの世界ツアー「ルネッサンス」の熱狂のステージと、公演までのビヨンセの軌跡を追いかけた音楽映画『Renaissance: A Film by Beyoncé』が、12月21日(木)より公開されることが決定した。

映画 洋画ニュース
注目記事

2023年全世界で話題を集めたビヨンセの世界ツアー「ルネッサンス」の熱狂のステージと、公演までのビヨンセの軌跡を追いかけた音楽映画『Renaissance: A Film by Beyoncé』が、12月21日(木)より公開されることが決定した。

5月10日のストックホルム公演を皮切りにスタートした「ルネッサンス」ツアーは、単独としては6年ぶりで、ビヨンセ通算7枚目のアルバム「ルネッサンス」収録の最新楽曲から、「Crazy In Love」「Drunk in Love」など彼女のヒット曲の数々が余すところなく披露され、オリジナリティとメッセージ性に溢れた演出や衣装も話題を呼び、ビヨンセ史上、そしてこれまで行われた、いかなるアーティストのコンサートを凌駕する、史上最高のエンターテインメントステージとして呼び声が高い。

ワールドツアー全体の収益は5億ドル(約750憶円)を越えると言われ、全世界的な社会現象となっている。残念ながら日本での公演は行われることがなかったが、すでに伝説ともいえるツアーがこの度、映画として公開されることとなった。

日本未公演のビヨンセ最新ツアーと、彼女のディスコグラフィーを彩る数々のヒット曲ステージパフォーマンスが、劇場の大画面で堪能できるというだけでなく、公演を通したバックステージや楽屋に密着した映像も収録されており、ビヨンセのクリエイティブ制作に掛ける情熱や、「人種や性別を越えて、すべての人が自由になれる場所を目指した」とビヨンセ本人が語る、「ルネッサンス」に込められた想いが映しだされている。

さらに、今回解禁されたメインビジュアルの近未来的で前衛的な衣装をはじめとして、各公演ごとに変化し、ステージ上で目まぐるしく変わる衣装にも注目が集まる。

「ルネッサンス」のアルバム・ジャケットでも象徴的に登場する馬をモチーフにした数々の煌びやかな衣装を提供したアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)、ツアーでも特に話題となった人の手が騙し絵のようにデザインされたキャットスーツを提供したロエベ(Loewe)、ビヨンセの愛称“クイーン・ビー”をイメージした近未来的コスチュームを提供したミュグレー(Mugler)などを筆頭に、グッチ(GUCCI)、ティファニー(TIFFANY&Co.)、フェラガモ(Ferragamo)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)、ミュウミュウ(MIU MIU)、ランバン(LANVIN)、マーク・ジェイコブス(MARC JACOBS)、デヴィッド・コーマ(David Koma)を始めとした、数々の有名ブランドが提供した煌びやかで、多彩な衣装を、映画館の大スクリーンであれば細かなディテールまで堪能できることも魅力の一つ。公演ごとに異なった衣装の中から、どの衣装が劇中に登場するのかも見どころだ。

ビヨンセ史上最高と絶賛を受けながら、日本での公演は残念ながら実現しなかった「ルネッサンス」ツアー、その世界最高峰の熱狂のステージを年の瀬に映画館のスクリーンで堪能して欲しい。

『Renaissance: A Film by Beyoncé』は12月21日(木)より公開。


RENAISSANCE
¥1,650
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ルネッサンス
¥2,296
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top