※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

作間龍斗“順基”がスカウトされ、母・小池栄子“万里江”とのバトル勃発「コタツがない家」第7話

小池栄子が一家の大黒柱を演じる「コタツがない家」の第7話が、11月29日(水)の22時から日テレ系列で放送される。

最新ニュース スクープ
注目記事
「コタツがない家」第7話(C)NTV
「コタツがない家」第7話(C)NTV
  • 「コタツがない家」第7話(C)NTV
  • 「コタツがない家」第7話(C)NTV
  • 「コタツがない家」第7話(C)NTV
  • 「コタツがない家」第7話(C)NTV
  • 「コタツがない家」第7話(C)NTV
  • 「コタツがない家」第7話(C)NTV
  • 「コタツがない家」第7話(C)NTV
  • 「コタツがない家」第7話(C)NTV

小池栄子が一家の大黒柱を演じる「コタツがない家」の第7話が、11月29日(水)の22時から日テレ系列で放送される。

「コタツがない家」は、大黒柱の女性とその家族が繰り広げるネオ・ホームコメディ。凄腕のウエディングプランナーで社長の万里江を小池栄子、漫画家の夫・悠作を吉岡秀隆、息子で和菓子職人を目指す順基を「HiHi Jets」の作間龍斗、父親でスナックのママと駆け落ちしていた達男を小林薫、悠作の編集担当・土門を北村一輝が演じている。

「俺の話は長い」の金子茂樹が脚本を担当している本作は、完全オリジナルストーリー。「俺の話は長い」チームが再結集しており、主題歌である石川さゆりの「ダメ男数え唄」の作詞も金子茂樹が担当している。

第7話 あらすじ

スナックのママと駆け落ちしていた達男(小林薫)だが、早々に捨てられてしまい家に戻ってくる。そして騒がせたことを謝罪し、娘の夫である悠作(吉岡秀隆)には、「もう一度こちらでしばらくの間、厄介になることはできませんでしょうか」と、卑屈に頭を下げるのだった。ひとまず安心する万里江(小池栄子)だったが、別人のようになった父の達男は、悠作の酒やつまみの買い出しに行ったり、順基(作間龍斗)にまで敬語を使う始末。

一方、和菓子屋で修行中の順基は、スイーツ男子から成るアイドルグループにスカウトされる。和菓子屋とアイドルの二刀流を目指すと言う順基だが、万里江は猛反対し、ふたりの間には再びゴングが鳴り響くことに。

そんな中、悠作は編集者の土門(北村一輝)から達男との同居話を描くことをもう一度すすめられる。しかし悠作は相変わらず、のらりくらりの態度で、そんな悠作に土門はその裏の本音を問いただすのだった。そしてその晩、悠作は漫画家としてまさかの大きな決断を下し――。

「コタツがない家」は毎週水曜日22時~日テレ系にて放送。


ダメ男数え唄
¥450
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top