※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

女性の性と身体を守るため闘った組織描く映画『CALL JANE』クラファン実施中

1960年から70年代初頭にかけてアメリカに実在した女性団体「ジェーン」をモデルにした映画『CALL JANE/コール・ジェーン』(原題)が2024年春の順次公開を目指し、クラウドファンディングをスタートさせた。

映画 洋画ニュース
注目記事
『CALL JANE/コール・ジェーン』(原題) ©2022 Vintage Park, Inc. All rights reserved.
  • 『CALL JANE/コール・ジェーン』(原題) ©2022 Vintage Park, Inc. All rights reserved.
  • エリザベス・バンクス Photo by Matt Winkelmeyer/GA/The Hollywood Reporter via Getty Images
  • シガニー・ウィーバー-(C)Getty Images
  • フィリス・ナジー Photo by Sebastian Reuter/Getty Images

1960年から70年代初頭にかけてアメリカに実在した女性団体「ジェーン」をモデルにした映画『CALL JANE/コール・ジェーン』(原題)が2024年春の順次公開を目指し、クラウドファンディングをスタートさせた。

舞台は1960-70年代、人工妊娠中絶が違法とされていた時代のアメリカ。中流階級の主婦である主人公ジョイ(エリザベス・バンクス)は2人目の子を妊娠するが、検診の中で病の悪化が発覚し中絶を余儀なくされる。

しかし中絶が違法とされるがために、適切な処置を受けることができないジョイ。彼女は次第に孤立していくが、街で見かけた張り紙を頼りに、アンダーグラウンドで女性たちの中絶を手助けする女性組織「ジェーン」に出会う。

エリザベス・バンクス

映画『CALL JANE』(原題)に登場する「ジェーン」とは、特定の女性の名前ではなく1960年-70年代初頭に実在した組織の名前。この物語は、中絶が違法とされる時代に医師のほとんどが手術を拒む中、12,000人以上の女性たちの命を救うために奔走した実話。

シガニー・ウィーバー

監督・脚本は、パトリシア・ハイスミス原作の『キャロル』の脚色を手掛けたフィリス・ナジー、エリザベス・バンクス、シガニー・ウィーバーらが出演する。

フィリス・ナジー

<クラウドファンディング概要>

本プロジェクトは、映画『CALL JANE/コール・ジェーン』(原題)の日本全国劇場公開を実現し、誰にでも「性」や「自分自身の身体」について決め、守る権利があることを知ってもらう“きっかけ”になればという想いでスタート。

本作は、「認定NPO法人ピッコラーレ」(妊娠葛藤窓口「にんしんSOS東京」ほか運営)に配給収益の一部を寄付、「自分の身体のことは自分で決めていい」社会の実現のため貢献を目指す。クラウドファンディングは2024年1月17日(水)終了予定。

『CALL JANE/コール・ジェーン』は2024年春、順次公開予定。

《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top