※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ミュージック・ラブストーリー「サウンドトラック #2」12月6日より配信 予告編公開

新感覚ミュージック・ラブストーリーの第2弾として、新たなキャストで描く「サウンドトラック #2」がディズニープラススターにて12月6日(水)より配信開始。予告編も公開。

韓流・華流 スクープ
注目記事

ハン・ソヒとパク・ヒョンシクが共演、「ヴィンチェンツォ」などの人気ドラマを手掛けているキム・ヒウォンが監督を務めた新感覚ミュージック・ラブストーリーの第2弾として、新たな物語・キャストで描く「サウンドトラック #2」がディズニープラススターにて12月6日(水)より配信開始。予告編も公開された。

音楽大学に通い“天才ピアノ少女”と言われていた主人公ヒョンソ。現実を突き付けられたことをきっかけに夢を諦めることになるも、また新たな夢に向かってピアノ教師とアルバイトを掛け持ちして働いている。ある日、そんな彼女のもとにピアノの個人レッスンの相談が舞い込む。なんと、相手は音楽大学時代にバンドを通して出会い、6年間を共にした元恋人のスホだった…。

新興企業への投資で資金を失い、ヒョンソに冷たい態度を取るようになったことで破局となった2人だが、別れてから4年後、スホは世界中のインフルエンサーやクリエイターを起用するコンテンツ会社のCEOとして成功。しかし、過労で自宅療養を余儀なくされる。

そんな中で偶然見つけた若き才能溢れるシンガーソングライターのケイに音楽コンテンツ制作のオファーをかけるが、偶然にも同時期にケイとヒョンソも出会い、協力しながらコンテンツ制作をすることに。ヒョンソへの未練が残っている様子のスホは2人の共同作業が気に入らず、自分の家で合宿することを提案するが…。

本作は、切なくも甘いストーリーと、映像美、OSTの親和性の高さで話題となった新感覚ミュージック・ラブストーリーの第2弾。

今回解禁となったのは、大人のムード漂う夕暮れをバックに未練が残っているような視線を向けるスホ&ヒョンソと、爽やかな青空をバックに恋心を寄せるケイ&ヒョンソが映る本ポスター。対照的な雰囲気ながら、音符のように揺れ動く恋心を表現したビジュアルとなった。

併せて解禁となった予告編では、2人が別れる学生時代の回想シーンから始まり、なかなか思い通りにいかない人生を歩むヒョンソとCEOとして成功したスホ、そして、2人の6年ぶりの思わぬ再会と新たな恋の相手となる(!?)ケイとの三角関係を想起させる様子が映し出されている。

自分が成功したさまをとにかく見せたいスホと、それを認めないヒョンソ。そんな中、共同作業をするシンガーソングライター・ケイとヒョンソはいい雰囲気を醸し出すが、「最高のコンビですよね?」というケイに対し、「いいような悪いような…どこか調和していない」と嫉妬心からなかなか認めないスホ。そして、「ダメだ、ちっとも大丈夫じゃない」とベッドの上でジタバタするスホの姿もあり、ラブコメ感満載の予告編となっている。

昔の恋人との再会、新たに想いを寄せてくれる異性との出会いの間で揺れる主人公ヒョンソを演じるのは、「熱血司祭」で2019年SBS演技大賞にて新人賞を受賞、「愛と、利と」にも出演したクム・セロク

ヒョンソの元恋人でCEOとして成功を収めたスホ役をモデルとしても活躍し、「Pachinkoパチンコ」「エージェントなお仕事」など俳優活動も注目を集めるノ・サンヒョン

ヒョンソに思いを寄せる才能溢れるシンガーソングライター・ケイを演じるのは、この作品で俳優デビューを果たしたソン・ジョンヒョク

そして、監督には「サウンドトラック #1」に続き、「ヴィンチェンツォ」「愛の不時着」などの人気ドラマを手掛けるキム・ヒウォンが続投。新星同士の俳優陣のケミストリーと、繊細な感情・人物描写の達人であるキム・ヒウォン監督が描く、共感度高いリアルなラブストーリーが展開する。

「サウンドトラック #2」は12月6日(水)より毎週水曜2話ずつディズニープラス スターにて独占配信(全6話)。


Disney+公式サイトはこちら(アフィリエイト)



《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top