※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

U-NEXTでカンヌ「監督週間」特集スタート、メディアパートナーに

動画配信サービス「U-NEXT」は、12月8日(金)より開催される「カンヌ 監督週間 in Tokio」のメディアパートナーとして参画し、カンヌ「監督週間」の特集をスタートした。

最新ニュース スクープ
注目記事
U-NEXTが日本初上陸の「カンヌ 監督週間 in Tokio」のメディアパートナーに
U-NEXTが日本初上陸の「カンヌ 監督週間 in Tokio」のメディアパートナーに
  • U-NEXTが日本初上陸の「カンヌ 監督週間 in Tokio」のメディアパートナーに
  • U-NEXTが日本初上陸の「カンヌ 監督週間 in Tokio」のメディアパートナーに

動画配信サービス「U-NEXT」は、12月8日(金)より開催される「カンヌ 監督週間 in Tokio」のメディアパートナーとして参画し、カンヌ「監督週間」の特集をスタートした。

「監督週間」(Quinzaine des Cinéastes)は、フランス・カンヌで開催される「カンヌ国際映画祭」の独立部門。1969年以降、将来有望と評価された優れた映像作家を多数輩出してきた。

今回、特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)が、日本で初めて「監督週間」を開催することを発表。12月8日から2週間にわたり、カンヌ国際映画祭「監督週間 2023」で上映された長編・短編を含む計17作品を上映する。

「U-NEXT」は、「カンヌ 監督週間 in Tokio」にメディアパートナーとして参画するとともに、これまで選出されてきた作品をまとめた特集をスタート。「個性ある作家を世界へ!『カンヌ監督週間』上映作」と題して、『MEN 同じ顔の男たち』『リトル・ダンサー』『セッション』『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』などがラインアップされている。

「カンヌ 監督週間 in Tokio」は12月8日(金)~12月21日(木)ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催。


《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top