※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

シリーズ初の恐竜超大作ムービー『映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記』来夏公開

シリーズ31作目となる『映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記』の公開が決定した。

映画 邦画ニュース
注目記事

『映画クレヨンしんちゃん』シリーズ31作目となる『映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記』の公開が決定した。

今年公開された初の3DCG映画『しん次元!クレヨンしんちゃん THE MOVIE超能力大決戦 ~とべとべ手巻き寿司~』は、興行収入24.7億円を突破し、劇場版シリーズ史上No.1の記録を達成。

そして来年公開となる『映画クレヨンしんちゃん』シリーズ31作目は、現代に復活した恐竜が、カスカベで、東京で大暴れする、笑いあり、涙あり、そしてシロとカスカベ防衛隊が小さな恐竜と出会い、生命の垣根を超えた友情を描く物語。

ティザービジュアルには、超巨大で獰猛な恐竜に対して、虫取り網で捕まえようとするとぼけた表情のしんのすけと、本作では主役級になるかもしれないシロと、謎の小さな恐竜が描かれ、“超巨大作”を予感させる。

監督は「デュエル・マスターズ」シリーズの佐々木忍、脚本は「クレヨンしんちゃん」TVアニメシリーズも手掛けるモラルという、『映画クレヨンしんちゃん』で監督・脚本を務めるのは初となる新鋭の2人。

しんのすけ役の小林由美子は、「とうとう・・恐竜が暴れ散らかします・・!現代に蘇った恐竜がカスカベで大暴れ!?そして小さな恐竜とシロの熱い友情にしんのすけもひと尻脱ぎます!!山盛りの笑いあり、ふとこぼれる涙あり、映画クレヨンしんちゃん30作品の節目を迎え、31作目は原点回帰の思いを込めた『映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記』(←シンプル イズ ザ ベスト!!)は2024年夏!!公開です!!この年に一度のお祭り、『夏フェス』ならぬ『しんフェス』を皆様と一緒に楽しんで参りたいと思います!!」とコメント。

佐々木監督は「素晴らしいスタッフたちのおかげで、過去作にも負けない迫力ある映画になったのでは!?と、感じています。自信を持って、皆さんにお届けします!画面狭しと大暴れする恐竜としんのすけ、シロ、カスカベ防衛隊をぜひ、劇場の大スクリーンで見て欲しい」と熱く語り、モラルさんは「思い返せば子どもの頃、『ひと夏』というのは無限の可能性を持った時間でした。大人になった今しみじみと感じるそんな気持ちのありったけを、しんのすけ達のひと夏を描いたこの作品に込めました」と話している。

『映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記』は2024年夏公開予定。


映画クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡

(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top