『子宮の記憶/ここにあなたがいる』作品情報

2007年1月13日 公開の映画作品

あらすじ

裕福な家庭に生まれ、両親と3人暮らしの一見何不自由ない生活をしている17歳少年・真人(柄本佑)。しかし、世間体ばかり気にする両親や上辺だけの愛情を注ぐ母親に失望しきっていた。真人は17年前に起きた、新生児誘拐事件の被害者という過去を持っていた。母親の愛を知らない真人は、自分を誘拐した女=“ほんとうの母親”を探す旅に出る。沖縄の人里離れた小さな海辺にある「桜井食堂」で働きながらひっそりと暮らす1人の女性・愛子(松雪泰子)。そしてそこで住み込みのアルバイトをすることになった真人。真人と愛子の間にはいつしか恋人とも親子ともいえない奇妙な愛情が芽生え始めるが…。

スタッフ

監督

若松節朗

キャスト

  • 松雪泰子
  • 柄本佑
  • 野村佑香
  • 中村映里子
  • 寺島進
  • 余貴美子

作品データ

  • 2007年1月13日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『子宮の記憶/ここにあなたがいる』関連記事

お祝いムード一色!『子宮の記憶/ここにあなたがいる』松雪泰子、柄本佑、寺島進初日舞台挨拶 画像
レポート

お祝いムード一色!『子宮の記憶/ここにあなたがいる』松雪泰子、柄本佑、寺島進初日舞台挨拶

裕福な家庭で何不自由なく暮しながらも、家族に愛されることを知らない少年。17年前に自分を誘拐した犯人の女が沖縄にいることを知り、素性を隠して女の下で働き始める。いつしか2人の間には親子とも恋人とも言えぬ不思議な感情が芽生え——。母子の愛を鮮烈に描いた『子宮の記憶/ここにあなたがいる』が、1月13日(土)シネスイッチ銀座にて初日を迎え、初回の上映終了後、若松監督をはじめ、松雪泰子、柄本佑、寺島進、余貴美子らが舞台挨拶に立った。

松雪さんは“ファンキー”な人『子宮の記憶/ここにあなたがいる』クリスマス特別試写会 柄本佑、若松節郎監督 画像
レポート

松雪さんは“ファンキー”な人『子宮の記憶/ここにあなたがいる』クリスマス特別試写会 柄本佑、若松節郎監督

ある病院で起きた新生児誘拐事件。17年後、被害者の少年は素性を隠してかつて自分を誘拐した犯人の女のもとで働き始める。いつしか2人の間には親子とも恋人とも言えぬ不思議な感情が芽生えるが——。寂しさを抱え、出口を求めてさまよう2人の姿を美しくも切なく描いた『子宮の記憶/ここにあなたがいる』。本作のクリスマス特別試写会が都内で開かれ、主演の柄本佑と監督の若松節朗が舞台挨拶に上がった。

『子宮の記憶/ここにあなたがいる』松雪泰子、柄本佑、野村佑香、寺島進、藤田宜永、若松節朗監督舞台挨拶  画像
レポート

『子宮の記憶/ここにあなたがいる』松雪泰子、柄本佑、野村佑香、寺島進、藤田宜永、若松節朗監督舞台挨拶

忘れない痛み、消せない絆。僕を誘拐した“ほんとうの母親”を探しに旅に出る——。他人と言い切れぬ仮想の母子の禁断の愛を描いた『子宮の記憶/ここにあなたがいる』の完成披露舞台挨拶が10月30日(月)、主演の松雪泰子、柄本佑、野村佑香、寺島進、原作者の藤田宜永、そして若松節朗監督の豪華ゲストを迎えて行われた。

page top