『敵こそ、我が友 〜戦犯クラウス・バルビーの3つの人生〜』作品情報

2008年7月26日 公開の映画作品

あらすじ

22歳で親衛隊に入り、1987年にフランスで終身刑を宣告された男、クラウス・バルビー。彼が生きた50数年間…、それは最も残虐で欺瞞に満ちた3つの人生から成り立っていた。3つの人生とは、“リヨンの虐殺者”の異名を持つ、ナチス・ドイツのゲシュタポとして、戦後の混沌としたヨーロッパでアメリカ陸軍情報部のためにスパイ活動をしていたエージェント・バルビーとして、そしてボリビアにおける政治的抑圧の陰の立役者であり、チェ・ゲハラの暗殺計画を立案したクラウス・アルトマンとして。元ナチスの男が、なぜこれまでの間裁かれることなく自由の身でいられたのか――? 戦後史の裏側を暴いた、衝撃のドキュメンタリー。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ケヴィン・マクドナルド

キャスト

作品データ

  • 2008年7月26日より銀座テアトルシネマほかにて公開
  • 原題MON MEILLEUR ENNEMI / MY ENEMY'S ENEMY
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top