『中華学校の子どもたち』作品情報

2008年11月22日 公開の映画作品

あらすじ

日中戦争、中国共産党、毛沢東、そして文化大革命…。様々な政治と歴史の苦悩を経験してきた華僑・華人の子供たちは、いま、無邪気に学校での日々を過ごしている。いまでは、中国語の話せない華僑の子供も多くなっており、日本語と中国語の混在使用が子供たちの間でコミュニケーションの主流になりつつあるのだ。初めて日本に中華学校が横浜に設立されてから百余年。現在、日本全国には中華系学校はわずか5校しかない。その中の2校が横浜にあるのだ。本作は、大陸系の横浜山手中華学校の小学部1年生の日常を3年間にわたって記録したドキュメンタリー。『ヨコハマメリー』のプロデューサーを務めた片岡希初監督作品。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

片岡希

キャスト

作品データ

  • 2008年11月22日より横浜ニューテアトルほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top