『キラー・インサイド・ミー』作品情報

2011年4月16日 公開の映画作品

あらすじ

田舎町の保安官助手ルー・フォード(ケイシー・アフレック)。一見、とてもハンサムで、魅力的で、住民から頼られる存在である彼の内には恐ろしく陰鬱な殺意が秘められていた。職場でも勤勉で、長年連れ添っている純朴な恋人(ケイト・ハドソン)にもその姿は見せず、心の奥底に封じ込めてきた。しかし、ある日出会った娼婦(ジェシカ・アルバ)が引き金となり、彼の本能に火がつく。長年封じ込めてきたその衝動がついに目覚めたとき、彼の頭脳は、周囲に巧緻な罠を張りめぐらせる…。アメリカ・ノワール小説の鬼才ジム・トンプスンの作品を映画化。追うもの、追われるもの、それぞれが抱える秘密とは――?

スタッフ

監督

マイケル・ウィンターボトム

キャスト

作品データ

  • 2011年4月16日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開
  • 原題THE KILLER INSIDE ME
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2010 KIM PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
ジャンル
感情タグ

『キラー・インサイド・ミー』関連記事

ケイト・ハドソン、第2子の男児誕生。出産祝いは高価な品より記念樹を希望  画像
ゴシップ

ケイト・ハドソン、第2子の男児誕生。出産祝いは高価な品より記念樹を希望

9日夜に、ロサンゼルスの病院でロックバンド「ミューズ」のフロントマン、マシュー・ベラミーとの間に男児を出産したケイト・ハドソン。名前はまだ発表されていないが、友人に赤ちゃんの体重(7ポンド12オンス)をメールで報告したり、喜びいっぱいの様子だ。

ケイト・ハドソン「ようやく気づいてもらえた」と一週間前の婚約を報告 画像
ゴシップ

ケイト・ハドソン「ようやく気づいてもらえた」と一週間前の婚約を報告

ケイト・ハドソンが1年前から交際中のロック・バンド「ミューズ」のマシュー・ベラミーと婚約したことを明らかにした。

ジェシカ・アルバ インタビュー 娼婦役で新たな境地へ「私にとっては魅力的」 画像
インタビュー

ジェシカ・アルバ インタビュー 娼婦役で新たな境地へ「私にとっては魅力的」

「リスキーなキャリアを選択する恐怖に打ち勝つことは、どれだけ重要でしょうか?」——。ジェシカ・アルバは自らの女優としての果敢な挑戦をそんな言葉で表現する。スティーヴン・キング、スタンリー・キューブリックら名だたる面々から激賞された、ジム・トンプスンによる傑作中の傑作「おれの中の殺し屋」(扶桑社海外文庫刊)を映画化した『キラー・インサイド・ミー』で彼女が演じたのは、娼婦として体を売って生計を立てるジョイス。新境地と呼ぶにふさわしいこの役に彼女は何を感じ、どのような思いでこのリスキーな勝負に身を投じたのか?

毎年恒例、オスカー前夜に最低映画を表彰する第31回ゴールデン・ラズベリー賞発表 画像
ゴシップ

毎年恒例、オスカー前夜に最低映画を表彰する第31回ゴールデン・ラズベリー賞発表

毎年恒例でアカデミー賞授賞式前夜に発表されるゴールデン・ラズベリー賞。第31回の授賞結果が26日に発表され、『エアベンダー』が最多5部門を制覇、2010年を代表する最低映画の栄誉(?)に輝いた。

page top