ヒューマン/ ドラマ 『BPM ビート・パー・ミニット』作品情報

2018年3月24日 公開の映画作品

あらすじ

舞台は1990年代初めのパリ。エイズ発症者やHIV感染者への差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「Act up Paris」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。ACT UPのメンバーだったという監督自身の経験が物語のベースとなっている。明日も知れぬ命を抱える主人公の葛藤、感染者を一人でも減らしたい、友人の命を助けたいという情熱、恋人との限りある愛…。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たち。彼らの生き生きとした表情や行動が、力強くエモーショナルな映像と共に綴られる。

スタッフ

監督・脚本

ロバン・カンピヨ

共同脚本

フィリップ・マンジョ

撮影

ジャンヌ・ラポワリー

キャスト

  • ナウエル・ペレ・ビスカヤーショーン
  • アーノード・ヴァロワナタン
  • アデル・エネルソフィー
  • アントワン・ライナルツチボー

作品データ

  • 2018年3月24日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ユーロスペースほか全国にて公開
  • 原題120 battements par minute
  • 製作年2017
  • 製作国フランス
  • 上映時間143分
  • 映倫区分R-15+
  • 配給会社ファントム・フィルム
  • クレジット© Céline Nieszawer
page top