連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-

提供:WOWOW





「MOZU」シリーズを手がけた羽住英一郎監督により、「怒り」「悪人」「横道世之介」などで知られる人気作家・吉田修一の原作を連続ドラマと映画で一挙に映像化。近日公開予定の映画版では、世界を舞台に次世代エネルギーに関する情報争奪戦を描く一方、ドラマシリーズ版「連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-」では吉田氏監修のもと映画版とは異なるオリジナルストーリーが展開する。

秘密組織「AN通信」のエージェント・鷹野一彦は、新人エージェント・田岡亮一の教育を任されながら国際都市博覧会の建設地で起きた爆破事件を追う。やがて事件の首謀者に近づくにつれ、自身の苦い過去とも対峙することに…。先の読めない緊迫のサスペンスとその中で息づく人間たちのドラマは、サブタイトルが意味する“日食”のごとく、観る者を引きつけて離さない。
数多くの強烈なキャラクターを自分のものにしてきた唯一無二の俳優・藤原竜也と、爽やかな好青年から信念を胸に秘めた熱い男まで幅広く役柄を重ねてきた竹内涼真。同じ事務所の先輩・後輩でもある二人が、ファン待望の初共演。だが、そのバディはひと筋縄ではいかない。 藤原さんが演じる主人公・鷹野一彦は常に冷静沈着、優れた頭脳と身体能力を持つ精鋭エージェントだ。そんな彼のもとに、竹内さん演じる向こう意気だけは強い新人・田岡が派遣され、二人は早速、都市博建設現場に仕掛けられた爆弾の解除という難関ミッションに挑む。

田岡は鷹野とは正反対で、感情が表に出てしまうタイプ。心臓に抱えた“24時間ごとのタイムリミット”に怯える正直さはエージェントにとって致命的だ。決して笑顔を見せない鷹野と、“生きる”ことに執着する田岡。壮絶な任務をくぐり抜けた者だけが一人前になれる世界で、その関係性が映画に向かってどう変化していくのかは要注目。かつてないほどの熱気と憂いを帯びた色気を放つ、最強のバディが誕生した。


ニコリともしない鷹野の過去には一体、何があったのか。事件を追う中で浮かび上がるのはAN通信の元エージェント・桜井修という男。演じるのは、『バトル・ロワイヤル』以来、藤原さんと実に20年ぶりの共演となる安藤政信だ。“10代の藤原竜也”をよく知る安藤さんが、“10代の鷹野一彦”を育てた先輩を演じることになる。 過去の因縁から、爆破事件の裏に大物政治家・中尊寺(石橋蓮司)の関与があると考えるNPO法人の職員・落合香には、世代きっての実力派・多部未華子。さらに、鷹野たちに重要情報を与える香港に潜入中のエージェント・山下竜二には、流暢な北京語も披露する市原隼人。ドラマ「リバース」でも共演した藤原さんの“同僚”として説得力をもたらす。

そのほか、AN通信の司令塔・風間役には映画と同じく佐藤浩市、中尊寺の秘書・永島役には藤原さんと親交のある吉田鋼太郎、エリート二世議員・桐野役にはミュージカル版「デスノート」で夜神月役を演じた柿澤勇人ら豪華共演が実現。今作で俳優デビューする日向亘も、10代の鷹野役で新人離れした好演を見せる。
メガホンをとる羽住監督といえば、「MOZU」や「海猿」など、テレビドラマから映画へと同じ世界観を構築し、“映像化不可能”を可能にしてきた作品群でお馴染み。映画版と同時進行で撮影された今回のドラマは、現実世界でも記憶に新しい政界を巻き込んだ巨大利権をめぐるポリティカルサスペンスの側面もあり、スピード感ある展開でそれぞれの思惑が最後まで交錯する。 そんな羽住組が得意とする大規模な爆破やカーアクション、接近戦などに挑むべく、藤原さんと竹内さんは約半年間かけて身体を作りあげたといい、特に竹内さんはさらにひと回り大きく見えるほど。爆弾解除のシーンでは地上8mの高さに宙吊りになりながら、二人息の合った演技を見せ、落下するシーンは一発OKという集中ぶり。

そして、桜井(安藤)から鷹野(藤原)へ、鷹野から田岡(竹内)へと、世代をまたいでエージェントとして生き抜く術や心の持ち方が伝授されていく点も胸アツのポイントとなる。やがて過去が影のように現在の彼らを浸食していく、極限状態で繰り広げられるノンストップ・サスペンスは毎話がクライマックスと言っても過言ではない。


「連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-」

ニュース配信会社を隠れみのに暗躍する諜報組織「AN通信」のエージェント鷹野(藤原竜也)と新人の田岡(竹内涼真)は、3年後に開催予定の国際都市博覧会の建設地に潜入していた。建設地選定をめぐってはさまざまな謀略が動いており、政界のフィクサー中尊寺(石橋蓮司)と秘書・永島(吉田鋼太郎)からの依頼で、その情報戦に一役買っていたのだ。しかしその現場は爆破され、2人は上司・風間(佐藤浩市)の指令で首謀者の調査を開始。同僚の山下(市原隼人)の協力で見えてきたのは、中尊寺側の思惑に介入しようとする中国企業勢力と、そこに雇われた元AN通信エージェント桜井(安藤政信)の存在だった。一方、NPO職員の落合(多部未華子)は、政界の陰謀を追って危うい接近を試み、無関係に思われた二世議員・桐野(柿澤勇人)までもが、暗躍を始める。やがて、都市博開催をはるかに超える巨大利権の存在が明らかに…。

番組特設サイト
提供:WOWOW
苦悩する藤原竜也&涙する竹内涼真、ドラマ版「太陽は動かない」見どころ満載予告 画像

苦悩する藤原竜也&涙する竹内涼真、ドラマ版「太陽は動かない」見どころ満載予告

藤原竜也&竹内涼真共演の連続ドラマW「太陽は動かない -THE ECLIPSE-」。この度、2話以降の見どころを凝縮した120秒の予告編が解禁された。

竹内涼真、情と熱…“太陽”を感じさせる男が新たなバディと新境地へ 画像

竹内涼真、情と熱…“太陽”を感じさせる男が新たなバディと新境地へ

爽やかで、情に厚いキャラクターを数多く演じて、その熱い演技で魅了してきた竹内涼真は今年、映画・連続ドラマが連動したメガプロジェクト「太陽は動かない」でさらにひと回り大きく成長したようだ。

竹内涼真が「ドン引き…」藤原竜也と「太陽は動かない」先行配信中の第1話をふり返り 画像

竹内涼真が「ドン引き…」藤原竜也と「太陽は動かない」先行配信中の第1話をふり返り

連続ドラマ版「太陽は動かない-THE ECLIPSE-」。この度、藤原竜也、竹内涼真による撮り下ろしトークセッションが解禁、WOWOWでの放送当日の見どころ実況解説が実施されることが分かった。

藤原竜也&竹内涼真、“笑”撃の自分アフレコ!「太陽は動かない」TVスポット映像 画像

藤原竜也&竹内涼真、“笑”撃の自分アフレコ!「太陽は動かない」TVスポット映像

藤原竜也と竹内涼真が初共演する連続ドラマW「太陽は動かない ーTHE ECLIPSEー」。この度、2人が緊迫のシーンに合わせてアフレコした“笑”撃のTVスポット映像が到着した。

藤原竜也「クライマックスシーンの連続」連ドラ版「太陽は動かない」メイキング特番放送 画像

藤原竜也「クライマックスシーンの連続」連ドラ版「太陽は動かない」メイキング特番放送

藤原竜也と竹内涼真が初共演し、ドラマから映画への連動で一挙映像化するメガプロジェクトの連続ドラマ版となるWOWOW連続ドラマW「太陽は動かない ーTHE ECLIPSEー」。この度、2人が撮り下ろしインタビューで50分にわたり語る豪華メイキング特番の放送が明らかとなった。

ドラマ「太陽は動かない」第1話YouTubeで公開、藤原竜也「多くの方々に観ていただきたい」 画像

ドラマ「太陽は動かない」第1話YouTubeで公開、藤原竜也「多くの方々に観ていただきたい」

吉田修一の「鷹野一彦シリーズ」を、ドラマから映画への連動で一挙映像化するメガプロジェクト「太陽は動かない」の連続ドラマ版「-THE ECLIPSE-」が、放送に先駆けて第1話を無料配信することが分かった。

藤原竜也&竹内涼真“コンビ”結成秘話が描かれる!ドラマ版「太陽は動かない」新写真 画像

藤原竜也&竹内涼真“コンビ”結成秘話が描かれる!ドラマ版「太陽は動かない」新写真

藤原竜也、竹内涼真の初共演連続ドラマ版「太陽は動かない- THE ECLIPSE-」。映画版とは異なるストーリーが描かれる本作から新たな場面写真が解禁された。

『太陽は動かない』公開延期&ドラマは予定通り、藤原竜也&竹内涼真も終息願う 画像

『太陽は動かない』公開延期&ドラマは予定通り、藤原竜也&竹内涼真も終息願う

藤原竜也主演『太陽は動かない』の公開延期が決定した。

藤原竜也&安藤政信が銃口向け合う…ドラマ「太陽は動かない」予告&ポスター 画像

藤原竜也&安藤政信が銃口向け合う…ドラマ「太陽は動かない」予告&ポスター

藤原竜也と竹内涼真が共演し、映画と連続ドラマの連動で贈る超巨大プロジェクト『太陽は動かない』。この度、「連続ドラマW」枠にて放送される連続ドラマ版「太陽は動かない -THE ECLIPSE-」の予告編とポスタービジュアルが到着した。

    Page 1 of 1
    page top