北辰斜にさすところ

「普段は褒めない三國連太郎さんに褒められた」神山征二郎監督『北辰斜にさすところ』 画像

「普段は褒めない三國連太郎さんに褒められた」神山征二郎監督『北辰斜にさすところ』

『草の乱』、『大河の一滴』、『ハチ公物語』など感動の人間ドラマを多数手がける神山征二郎監督。映画的な興奮と面白さを提供しながらもその中に鋭い社会派の視点を持つという希有な映像作家だ。新作『北辰斜(ほくしんななめ)にさすところ』は旧制高校にまつわる物語。旧制第七高等学校(現・鹿児島大学)の野球部OBたちは創部100周年を迎えて、かつてライバルだった旧制第五高等学校(現・熊本大学)との記念試合を計画していた。OBたちは往年の名投手である上田に試合への参加を求める。だが上田はかたくななまでに申し出を断る。

三國連太郎「二度と戦争を繰り返さないために」渾身の『北辰斜にさすところ』完成披露 画像

三國連太郎「二度と戦争を繰り返さないために」渾身の『北辰斜にさすところ』完成披露

かつて日本に存在した旧制高等学校。伝統の中で学問に励む彼らの青春の日々と悲惨な戦争、そして戦後の数十年の年月を経ても廃れることのない彼らの絆を描く『北辰斜にさすところ』。本作の完成披露試写会が12月3日(月)に開催され、主演の三國連太郎、緒方直人そしてプロデューサーの廣田稔が上映前の舞台挨拶に登壇した。

    Page 1 of 1
    page top