WOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」

提供:WOWOW

笑えて、泣けて、大事なことに気づかされる、
ここだけにしかない物語



長野の別荘地、カラマツ林に建つ一軒家。そこで主人公・テンコが営むペンションに、今日も個性豊かな来客が現れる。旧友や思わぬ出会いを果たす人物――、その誰もが「自分だけの特別な物語」を持ち、「それを誰かに聞いてほしい」と願っていた。主演・小林聡美×「連続ドラマW パンとスープとネコ日和」のスタッフが再タッグを組んだ本作。1人の女優と毎回異なるゲストが織りなす、笑いあり涙ありの“物語”には、大事なことに気づくヒントが隠されているはず。まさに、2021年の幕開けにぴったりな作品といえる。

主人公・テンコと、ペンションを訪れる人々が
織りなす物語

<第1話>
「山の紳士」

草木生える森から“ひょっこり”現れた男性客。常木と名乗るその男は、山や森、自然を調査するフィールドワークが仕事だと告げ、テンコのペンションにも偶然たどり着いたという。「人間はやっかいですね」。そう語る常木の正体とは?

<第2話>
「ひとりになりたい」

キャンプ場でテントを張っていたミツエは、先客でベテランキャンパーの小川と遭遇。おせっかいとも受け取れる言動に嫌気がさし、キャンプ場を去る。偶然テンコと出会い、ペンションメッツァに宿泊することになり…。

<第3話>
「燃す」

ペンションの常連客で写真家のフキ。テンコと真夏のたき火で、いらないポジを燃やす。最近の出来事を話しながら、フキの会わない間の心の変化に気づくテンコ。ふたりでいつものように食事をしながら話しをする中で、さりげなくフキの心の悩みに触れていく…。

<第4話>
「ヤマビコの休日」

日頃からテンコもお世話になっている「ヤッホ~ヤマビコストア」の従業員・ヤマビコがひょんなことから、テンコのペンションで初めて休日を過ごすことに。立派な柱や壁の漆喰に興味津々のヤマビコが、意外な過去を語り始める。

<第5話>
「むかしの男」

「来ちゃった」。ペンションの玄関先に立っていたのは、テンコの昔の恋人・コマちゃん。再会を喜び合うふたりは、大好きな歌を一緒に歌い、あの日のように散歩をし、古き良き青春を懐かしむ。やがて、再び別れの時が訪れ…。

<第6話>
「さすらう」

今は亡き母親と何度もペンションを訪れていたヤマメが、今年は大きなスイカを抱えて1人でやって来た。彼女が大好きな焼きそばを食べながら、思い出話に花を咲かせる中、テンコはヤマメに驚きの提案を切り出した。

放送日時

1/15(金)放送スタート
毎週金曜深夜0時

※第1話無料放送(全6話)




舞台は山奥にひっそりとたたずむペンション…といっても、何かミステリアスな事件が起こるわけではない。
むしろ、そこに流れるのは、穏やかな時間と温かな空気。忙しい現実から少しだけ距離を置くことで見えてくる“本当に大切なもの”を、そっと差し出してくれるのが「ペンションメッツァ」流のもてなしだ。

時はコロナ禍。さまざまな形で人生の転機を迎え、自分を見つめ直す必要に迫られた現代人にとって、ここはシンプルだが、極上の空間なのだ。

長野県で撮影されたという美しい自然もまた、胸に抱えた悩みや迷いが、いかにちっぽけなものか教えてくれる。自然と人間の関係性からは、人は誰もがひとりで生きられないと気づかせてくれるはずだ。
本当の自分らしさ、やっかいな感情、過ぎ去りし日々、不思議な縁、そしてまだ見ぬ未来…。ときには「捨てること」さえためらわず、自然や季節が移り変わるように、毎日新たな人生を歩み続ける“わたしたち”の姿が「ペンションメッツァ」には静かに、でも確かに描かれている。主人公・テンコが発するさりげない名言も含めて、言葉では表しきれないその魅力にじっくりと浸ってほしい。

放送日時

1/15(金)放送スタート
毎週金曜深夜0時

※第1話無料放送(全6話)

何と言っても見どころは、小林さん演じるテンコのもとを訪れる“人々”役の豪華俳優陣。突然テンコの前に現れる謎の男を演じた役所広司(「山の紳士」)は渋い外見とは裏腹に、どこかお茶目で人懐っこい紳士を好演。昨年大躍進した石橋静河は、孤独になりたい女性を演じる(「ひとりになりたい」)。板谷由夏(「燃す」)、“準レギュラー”ともいえる山中崇(「ヤマビコの休日」)ら実力派に加えて、名バイプレーヤーとして名高い光石研(「むかしの男」)、歌手でもある三浦透子(「さすらう」)ら個性あふれる面々が、小林さんとの“2人芝居”で本領を発揮。全話を通して“森の人”として出演する、もたいまさこの存在にも注目だ。

どんな作品でも“自然体”な小林聡美の魅力

そして「ペンションメッツァ」の主人公として、客人たちを迎えるテンコ(ちなみに第6話で本名が明らかに)役には、映画『かめも食堂』『めがね』、ドラマ「すいか」をはじめ、舞台やナレーションでも幅広く活躍する小林聡美。ナチュラルな演技とたたずまいは、自然体という言葉がふさわしく、常に等身大で生きる女性の姿を体現してきた小林さんの魅力は「ペンションメッツァ」でも健在だ。ときに相手に寄り添い、ときに達観した眼差しを注ぐ姿も印象的。まるで美しくも、厳しい自然のように、客人たちが抱える“モヤモヤ”に胸を突く澄んだ言葉を捧げるテンコは、小林さんにとって新たな当たり役だと断言したい。

放送日時

1/15(金)放送スタート
毎週金曜深夜0時

※第1話無料放送(全6話)

提供:WOWOW


【インタビュー】小林聡美×松本佳奈監督「ペンションメッツァ」に込めた想い「シンプルだけど大切なこと」 画像

【インタビュー】小林聡美×松本佳奈監督「ペンションメッツァ」に込めた想い「シンプルだけど大切なこと」

主演・小林聡美×「連続ドラマW パンとスープとネコ日和」のスタッフが再タッグを組むWOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」が放送中。今回、主人公・テンコを演じた小林さん、全6話の脚本も手掛けた松本佳奈監督に話を聞いた。

役所広司&石橋静河&光石研ら、緑鮮やかな森で小林聡美と語らう「ペンションメッツァ」場面写真 画像

役所広司&石橋静河&光石研ら、緑鮮やかな森で小林聡美と語らう「ペンションメッツァ」場面写真

小林聡美が主演するWOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」から場面写真が解禁、また初回放送後、WOWOWオンデマンドにて全話が一挙配信されることが決定した。

小林聡美と役所広司&光石研らゲストが繰り広げる物語「ペンションメッツァ」予告 画像

小林聡美と役所広司&光石研らゲストが繰り広げる物語「ペンションメッツァ」予告

小林聡美主演のWOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」より、個性的なゲスト総出演の予告編と、ペンションを写すポスタービジュアルが到着した。

役所広司&石橋静河&光石研ら、小林聡美と2人芝居「ペンションメッツァ」 画像

役所広司&石橋静河&光石研ら、小林聡美と2人芝居「ペンションメッツァ」

小林聡美が別荘地のペンションの主人を演じる、WOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」。この度、役所広司や石橋静河、光石研、もたいまさこといったオールキャストが解禁された。

小林聡美がゲストと2人芝居「ペンションメッツァ」放送決定 画像

小林聡美がゲストと2人芝居「ペンションメッツァ」放送決定

WOWOWオリジナルドラマとして、小林聡美が主演する「ペンションメッツァ」を放送することが決定。特報映像も到着した。

    Page 1 of 1
    page top