誰も守ってくれない

『誰も守ってくれない』志田未来 そのまっすぐな瞳の先に見るものとは? 画像

『誰も守ってくれない』志田未来 そのまっすぐな瞳の先に見るものとは?

誰かに守られ、誰かを守っていくこと——。大ヒット刑事ドラマ「踊る大捜査線」の生みの親、君塚良一が、“容疑者家族の保護”をテーマに、現代社会に一石を投じた社会派エンターテイメント『誰も守ってくれない』。昨年のモントリオール世界映画祭で最優秀脚本賞を獲得するなど、国内外で大きな反響を呼んだ。本作で、ある日突然“容疑者の妹”として社会の渦に巻き込まれるヒロイン・沙織を演じたのが、弱冠16歳にして大人顔負けの表現者として、名実共に若手女優のトップをひた走る志田未来。DVDの発売を前に話を聞いた。

佐藤浩市「松田龍平って面白い!」&木村佳乃からは“癒やし系”扱いも当人は困惑顔 画像

佐藤浩市「松田龍平って面白い!」&木村佳乃からは“癒やし系”扱いも当人は困惑顔

兄が殺人事件の容疑者として逮捕されてしまった15歳の少女と、彼女をマスコミや世間の好奇の目から守る任務を負った刑事の姿を描いた『誰も守ってくれない』。大ヒットドラマ「踊る大捜査線」の脚本家・君塚良一が監督・脚本を担当し、モントリオール世界映画祭で最優秀脚本賞に輝いた本作が1月24日(土)に公開を迎えた。都内で行われた初日舞台挨拶に君塚監督を始め主演の佐藤浩市、志田未来、松田龍平、木村佳乃、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎が登壇した。

蔵之介だけは撮り直し免除? 本物の演技に迫った『誰も守ってくれない』 画像

蔵之介だけは撮り直し免除? 本物の演技に迫った『誰も守ってくれない』

脚本・君塚良一×亀山千広プロデュースによる大ヒットシリーズ「踊る大捜査線」のための警察取材の中から生まれた、社会派ドラマ『誰も守ってくれない』。過熱するマスコミ報道とネット社会、そして“犯罪者家族の保護”をセミドキュメンタリー風に描き、本年度のモントリオール世界映画祭で見事最優秀脚本賞を受賞した本作が、1月24日(土)に公開される。11月10日(月)、本作の完成披露会見が行われ、主演の佐藤浩市と志田未来、松田龍平、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、柳葉敏郎、君塚監督、亀山プロデューサーの総勢9名が出席した。

佐藤浩市主演『誰も守ってくれない』 モントリオール映画祭にて数多くの絶賛の声 画像

佐藤浩市主演『誰も守ってくれない』 モントリオール映画祭にて数多くの絶賛の声

一世を風靡した「踊る大捜査線」シリーズの製作チームが、過熱するマスコミ報道と容疑者家族の保護をテーマに描いた、ヒューマンドラマ『誰も守ってくれない』。来年正月に公開される本作が、8月21日から9月1日(現地時間)までカナダ・モントリオールで開催されていた第32回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門に出品。8月31日、メイン会場の一つであるシネマ・インペリアルにて上映され、拍手喝采を浴びた。

    Page 1 of 1
    page top