ユメ十夜

実生活を反映? 清水崇×豊島圭介 異才2人が好き勝手に作った『幽霊VS宇宙人』 画像

実生活を反映? 清水崇×豊島圭介 異才2人が好き勝手に作った『幽霊VS宇宙人』

『呪怨』シリーズでハリウッド進出を果たした、“Jホラー”を代表する監督・清水崇と『ユメ十夜』、TVドラマ「怪奇大家族」などで恐怖の中にコメディを潜ませる新たなホラージャンルを生み出した奇才・豊島圭介。それぞれが1編ずつを担当し、笑えるホラー映画として、2001年に第1弾を自主製作の形で発表、2003年には第1弾、第2弾があわせて劇場公開され好評を博した『幽霊VS宇宙人』('02)。シリーズ最新作となる第3弾が前作から約5年の歳月を経て製作された。現代を舞台に「東海道四谷怪談」に新たな解釈を加えた「ロックハンター 伊右衛もん」を手がけた清水監督と、キスで他人の精気を吸い取ってしまう謎の女と婚約者がいながらも彼女に惹かれる男の物語「略奪愛」を撮った豊島監督。2人に本作について話を聞いた。

「漱石の作品を映画にするチャンスは、そうないと思った」『ユメ十夜』西川美和監督 画像

「漱石の作品を映画にするチャンスは、そうないと思った」『ユメ十夜』西川美和監督

明治の文豪、夏目漱石が遺した短編集「夢十夜」。理解されるには100年かかると漱石自らが評した本作に、現代の日本映画界を代表する10人の監督が挑んだ作品が『ユメ十夜』だ。実相寺昭雄、市川崑、清水崇、清水厚、豊島圭介、松尾スズキ、天野喜孝、河原真明、山下敦弘、山口雄大らと並び、第九夜を監督した西川美和監督に話を聞いた。

パリが魅せる、18通りの恋物語『パリ、ジュテーム』諏訪敦彦監督インタビュー 画像

パリが魅せる、18通りの恋物語『パリ、ジュテーム』諏訪敦彦監督インタビュー

あるテーマをもとにいくつものショートストーリーを綴っていく短編集。最近の邦画でも『世界はときどき美しい』(全5話)、『ユメ十夜』(全10話)など個性ある作品がお目見えしたが、フランス映画『パリ、ジュテーム』はそれらを凌ぐ18のストーリーで構成されている。そして、驚くべきは名だたる監督・キャストが勢揃いしていること。『アメリ』のプロデューサー、クローディ・オサールの呼びかけでコーエン兄弟、ガス・ヴァン・サント、ウェス・クレイヴンといった監督たち、ナタリー・ポートマン、イライジャ・ウッド、スティーヴ・ブシェミといった俳優たちが集まり、1話5分という短い時間のなかにそれぞれのパリを表現したのだ。

キョンキョンが観るのはどんな夢?『ユメ十夜』小泉今日子インタビュー 画像

キョンキョンが観るのはどんな夢?『ユメ十夜』小泉今日子インタビュー

歌手としてはもちろん、女優として確実のそのキャリアを積み重ねている小泉今日子。綺麗で、可愛らしく、大人っぽく、若々しい…年齢を重ねるほどに魅力が増していく女性。そんな小泉さんの新作は、明治の文豪・夏目漱石の「夢十夜」を映画化した『ユメ十夜』。実相寺昭雄、市川崑といった巨匠から清水崇、西川美和といった新鋭陣──日本映画界の今を代表する10名の監督が10の夢を描いている、何とも豪華な映画である。

“夏目漱石千円札”があれば1000円で鑑賞!『ユメ十夜』1月27日公開初日決定&漱石千円札キャンペーン実施 画像

“夏目漱石千円札”があれば1000円で鑑賞!『ユメ十夜』1月27日公開初日決定&漱石千円札キャンペーン実施

明治の文豪・夏目漱石の数ある作品の中で異色の魅力を放ち、漱石を解明するバイブルともされている短編小説「夢十夜」。こんな夢を見た…の冒頭で始まり、映像化不可能とされてきた幻想小説を、日本が誇る10人の天才・異彩監督が完全映画化。十夜で成り立つオムニバス映画『ユメ十夜』が完成し、1月27日(土)より全国順次公開されることが決定した。

『ユメ十夜』清水崇監督「第三夜」完成すべてが無事クランクアップ 画像

『ユメ十夜』清水崇監督「第三夜」完成すべてが無事クランクアップ

こんな夢を見た…の冒頭で始まる、明治の文豪・夏目漱石の数ある作品の中で異色の魅力を放ち、漱石を解明するバイブルともされている短編小説「夢十夜」。映画化不可能とされてきた幻想小説に、日本が誇る天才・異彩監督10人が独自の解釈を取り入れて、十夜で成り立つオムニバス映画『ユメ十夜』を紡ぎあげる。

東京国際映画祭特別招待『ユメ十夜』ワールドプレミア舞台挨拶 画像

東京国際映画祭特別招待『ユメ十夜』ワールドプレミア舞台挨拶

文豪・夏目漱石の幻想小説「夢十夜」の完全映画化を実現した『ユメ十夜』。日本映画界の巨匠から若手まで、10人の映画監督たちが独自の解釈を取り入れ、10分×10話のオムニバス映画として完成させた本作。10月22日(日)、特別招待作品部門に出品されている第19回東京国際映画祭にてワールドプレミアが行われ、各作品を代表して(写真上:左から)角田豊、うじきつよし、清水崇、清水厚、豊島圭介、TOZAWA、河原真明、藤岡弘、緒川たまき、山口雄大、と個性的な10名が舞台挨拶に登壇した。

    Page 1 of 1
    page top