かけひきは、恋のはじまり

ジョージ・クルーニーが自称・超能力を持つ米軍のスパイ役に挑戦 画像

ジョージ・クルーニーが自称・超能力を持つ米軍のスパイ役に挑戦

『かけひきは、恋のはじまり』、『彼が二度愛したS』とそれぞれの主演作が現在日本公開中のジョージ・クルーニーとユアン・マクレガーは現在、イラクを舞台にした戦争ドラマ『Men Who Stare at Goats』(原題)をニューメキシコ州で撮影中。

ジョージ・クルーニー「21歳の若者たちのタックルを受けるのは辛かったよ(笑)」 画像

ジョージ・クルーニー「21歳の若者たちのタックルを受けるのは辛かったよ(笑)」

『フィクサー』や『シリアナ』、『グッドナイト&グッドラック』など、このところシリアスな作品が続いていたジョージ・クルーニー。初めて監督と主演を兼務した新作『かけひきは、恋のはじまり』は、ガラリと趣向が変わり、1920年代を舞台にした楽しいロマンティック・コメディだ。ジョージの役どころは、落ち目のプロフットボール・チームのキャプテン、ドッジ。カレッジ・フットボールのスター選手で第二次世界大戦のヒーローでもあるカーター(TVシリーズ「The Office」のジョン・クラシンスキー)を引き抜いて、チームの人気を取り戻そうとする。

黒田知永子、ジョージ・クルーニーが相手なら「王様タイプの男性でもOK!」 画像

黒田知永子、ジョージ・クルーニーが相手なら「王様タイプの男性でもOK!」

フットボールのベテラン・スター選手のドッジと女性ながら腕ききの記者で、特ダネを狙うレクシー。自信過剰なドッジと男勝りなレクシーはひょんなことから出会い、売り言葉に掛け言葉の応酬を繰り広げるが、不思議なほどに会話が弾んでいることに気づき…。ジョージ・クルーニーが監督・主演を務め、レニー・ゼルウィガーをヒロインに迎えて贈る『かけひきは、恋の始まり』。11月8日(土)より公開を迎える本作の女性限定試写会が10月28日(火)に行われ、上映前のトークショーにモデルとして活躍する黒田知永子が登場し、映画について、男性観について語ってくれた。

    Page 1 of 1
    page top