GOTH

本郷奏多、『GOTH』以上に(?)ガンダムの魅力を力説! 打倒『K-20』は… 画像

本郷奏多、『GOTH』以上に(?)ガンダムの魅力を力説! 打倒『K-20』は…

累計発行部数100万部を超える乙一の本格ミステリー小説を映画化した『GOTH』。人間の持つ残酷な面に異常なまでに興味を持つ2人の高校生が、身近で起きたある猟奇殺人事件に惹きつけられていくさまを描いた本作が12月20日(土)に公開を迎え、主演の本郷奏多と高梨臨、高橋玄監督による舞台挨拶が行われた。

カリスマだけど汗っかき? 猛暑の『GOTH』撮影で本郷奏多を救ったアイテムとは? 画像

カリスマだけど汗っかき? 猛暑の『GOTH』撮影で本郷奏多を救ったアイテムとは?

作家・乙一の人気は凄い。『ZOO』('04)を皮切りに毎年のように彼の作品がスクリーンに映し出され、2008年は『KIDS』('07)、『死にぞこないの青』、『GOTH』の3作が相次いで映画化。中でも今年を締めくくる『GOTH』は、第三回本格ミステリ大賞を受賞した出世作だ。そして、人間の残酷な面に異常に惹かれる者=GOTH(GOTHICの略)が猟奇的殺人事件に関わっていくこのミステリーに挑むのは、『青い鳥』('08)、『K-20 怪人二十面相・伝』('08)に出演している若手有望株の本郷奏多。幼い頃から殺人現場や惨殺死体に興味を抱く主人公・神山樹を演じている。

本郷奏多「死体の載った本を読み込んだ」 ダークな制服姿に向け黄色い声援飛び交う 画像

本郷奏多「死体の載った本を読み込んだ」 ダークな制服姿に向け黄色い声援飛び交う

“GOTH”——それは人間の暗黒部分に惹かれる者たち。人間の残酷性に魅せられた2人の高校生がある事件に巻き込まれていく姿を描いた、ベストセラー作家・乙一の同名小説の映画化『GOTH』が12月22日(土)より公開される。これに先駆けて、12月1日(土)、本作の完成披露試写会が行われ、主演の本郷奏多と高梨臨、そして高橋玄監督、大橋孝史プロデューサーが上映前の舞台挨拶に登壇した。

    Page 1 of 1
    page top