ドッグ・バイト・ドッグ

舞台挨拶で「ハラヘッタ?」陽気な笑顔のサム・リーが寝不足で熱演! 画像

舞台挨拶で「ハラヘッタ?」陽気な笑顔のサム・リーが寝不足で熱演!

昨年の東京国際映画祭でタランティーノや北野武に続く逸材だと称されたソイ・チェン監督。その過激なバイオレンス描写から“香港の三池崇史”として注目を浴びている彼の最新作『ドッグ・バイト・ドッグ』が8月11日(土)に初日を迎えた。本作でエディソン・チャン扮する殺し屋を執拗に追いつめる刑事・ワイを演じたサム・リーが来日し、舞台挨拶を行った。

東京国際映画祭コンペティション『ドッグ・バイト・ドッグ(原題)』 エディソン・チャン舞台挨拶 画像

東京国際映画祭コンペティション『ドッグ・バイト・ドッグ(原題)』 エディソン・チャン舞台挨拶

『インファナル・アフェア』シリーズで注目を集め、昨年は窪塚洋介主演の『同じ月を見ている』や『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』など邦画話題作に立て続けに出演、本国のみならず日本でも人気急上昇中の香港若手No.1俳優、エディソン・チャン。昨年の東京国際映画祭で特別招待作品として上映された『同じ月を見ている』に続き、今年は最新主演作『ドッグ・バイト・ドッグ(原題)』がコンペティションに参加。10月26日(木)、監督のソイ・チェン、プロデューサーのサム・レオンとともに舞台挨拶に登壇した。

    Page 1 of 1
    page top