アジョシ

『サニー』『アジョシ』に最新作も! 「K-Movieフェスティバル」開催 画像

『サニー』『アジョシ』に最新作も! 「K-Movieフェスティバル」開催

日本を席巻した“悲愛”スパイアクション映画『シュリ』の公開から13年。そして、ドラマ「冬のソナタ」放送から10年にあたる今年は、“韓流10周年”の記念すべき年と言われている…

釜山映画祭開幕! オダギリジョーにチャン・ドンゴン、ファン・ビンビンは衣装替えも 画像

釜山映画祭開幕! オダギリジョーにチャン・ドンゴン、ファン・ビンビンは衣装替えも

第16回釜山国際映画祭が10月6日夜、韓国・釜山市の海雲台で華やかに開幕した。今年、完成した釜山シネマセンター「映画の殿堂」のお披露目を兼ねた開幕式には、オープニング作品『ただあなただけ(ALWAYS)』に主演したソ・ジソプ、ハン・ヒョジュを始めとする、多くのスターや映画人がお祝いにかけつけた。

ウォンビン インタビュー 成熟した男の瞳で、新しい愛を魅せる 画像

ウォンビン インタビュー 成熟した男の瞳で、新しい愛を魅せる

「よろしくお願いします」と取材部屋に入ってきた瞬間、彼をとりまく半径5メートル、いや10メートルの景色がワントーン明るくなり、艶っぽい空気がそっと流れ出す…。ウォンビンという俳優は、そんなオーラを感じさせる正真正銘のスターだ。第一次韓流ブームの火付け役、韓流四天王としての活躍を経て、青年から大人の男へ、アイドルから深みのある俳優へ、一歩一歩、確実に前進してきた者の存在感は圧倒的、その一言に尽きる。そして、彼が『母なる証明』から2年ぶりの主演作として選んだのは、アクション・エンターテイメント『アジョシ』。念願だった初の本格派アクションに挑んだだけでなく、これまでに見せたことのない悲哀と狂気と愛に満ちた男テシクを演じ、さらなる新境地を拓いた。ウォンビンが求め、伝えたかったものとは何だったのか。その真意に迫った。

ウォンビン来日! 「まだおじさんにはなりたくない(笑)」 画像

ウォンビン来日! 「まだおじさんにはなりたくない(笑)」

韓国で数々の映画賞に輝いた主演作『アジョシ』を引っ提げ、韓流スターのウォンビンが来日。8月30日(火)に共演した子役キム・セロン、イ・ジョンボム監督と共に都内で開かれた記者会見に出席した。

ウォンビン主演の注目作! 『アジョシ』予告編が早くも到着! 画像

ウォンビン主演の注目作! 『アジョシ』予告編が早くも到着!

ペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、イ・ビョンホンという錚々たる韓国を代表する俳優たちと並び、日本でも絶大な人気を誇る元祖“韓流四天王”のひとり、ウォンビン主演で贈る『アジョシ』の予告編がシネマカフェに到着した!

ウォンビン最新作公開決定 ドンゴンにビョンホン、クォン・サンウら30超男が熱い! 画像

ウォンビン最新作公開決定 ドンゴンにビョンホン、クォン・サンウら30超男が熱い!

日本でも大人気の韓流スター、ウォンビンの兵役後の復帰2作目となる『アジョシ』の公開が決定した。本国で630万人を動員し、韓国のアカデミー賞と言われる「大鐘賞」の主演男優賞受賞作とあって、日本でも注目を集めそう。ここ数年、韓流といえば東方神起やBIG BANG、KARA、少女時代といったポップアイドルの日本上陸や、若手俳優陣の台頭が目立っていたが、先日、チャン・ドンゴンが映画祭が開催されていたカンヌの地でオダギリジョーらと共演する『マイウェイ』の会見に出席。イ・ビョンホンは『G.I.ジョー』続編への前作に続いての出演も決定するなど、ここへきて“元祖”韓流四天王の面々の存在が再びクローズアップされている。かつて韓流ブームを牽引したスターたちの復権が、今後の韓流の勢いにも大きな影響を与えそうだ。

    Page 1 of 1
    page top