愛される男・中村勘三郎

山田洋次監督、構想中の新作の勘三郎さんの役は“バカ殿”だったと明かす 画像

山田洋次監督、構想中の新作の勘三郎さんの役は“バカ殿”だったと明かす

『男はつらいよ』の寅さんの故郷である東京・柴又の「寅さん記念館」の隣りに同シリーズのメガホンを握った山田洋次監督の半世紀に及ぶ監督生活の軌跡を展示する「山田洋次ミュージアム」がオープンすることになり、12月15日(土)に記念セレモニーが開催された。「寅さん記念館」のリニューアルオープンも同時に完了し、山田監督と最新作の『東京家族』に出演している橋爪功、吉行和子が展示に足を運んだ。

猿之助、勘三郎さんのニューヨーク公演に負けじとフランス公演を希望? 画像

猿之助、勘三郎さんのニューヨーク公演に負けじとフランス公演を希望?

舞台「助太刀屋助六 外伝」の初日を前に12月14日(金)、主演の市川猿之助を始め、共演の朝海ひかる、吉沢悠、忍成修吾、石橋直也、鶴見辰吾が報道陣の取材に応じ、舞台稽古の模様を公開した。

中村勘三郎「一発勝負なのにセリフ忘れまして」 『研辰の討たれ』シネマ歌舞伎に登場 画像

中村勘三郎「一発勝負なのにセリフ忘れまして」 『研辰の討たれ』シネマ歌舞伎に登場

舞台上で公演中の歌舞伎をHD高性能カメラで撮影しスクリーンで上映するという試みで、新たな歌舞伎の楽しみ方として注目を集める「シネマ歌舞伎」。演劇界の天才・野田秀樹を演出に迎えて2001年と2005年に上演され、大好評を博した「野田版 研辰の討たれ」がこの「シネマ歌舞伎」で東劇ほか全国にて公開中である。1月16日(水)には主演の中村勘三郎が上映前の舞台挨拶に登壇した。

    Page 1 of 1
    page top