樹木希林(2 ページ目)

樹木希林、ガン治療後の経過は順調! 夫・内田裕也とは「相手にとって不足なしの関係」 画像

樹木希林、ガン治療後の経過は順調! 夫・内田裕也とは「相手にとって不足なしの関係」

全身ガンに冒されていること、およびその治療を行なったことを公表している女優の樹木希林が2月25日(火)、自身が出演するドキュメンタリー映画『神宮希林 わたしの神様』の舞台挨拶に登壇。治療後の経過や夫・内田裕也との関係について語った。

計152歳! 八千草薫と樹木希林が揃って「VOGUE」ウィメン・オブ・ザ・イヤー受賞 画像

計152歳! 八千草薫と樹木希林が揃って「VOGUE」ウィメン・オブ・ザ・イヤー受賞

古希(70歳)、傘寿(80歳)を過ぎてもなお、年に複数本の映画やドラマに出演し、日本映画界に欠かせない存在感を放つ八千草薫(82歳)と樹木希林(70歳)が揃って「VOGUE JAPAN Women of the Year 2013」を受賞。

「VOGUE」表彰式に満島ひかり、樹木希林、壇蜜ら各界から多彩な顔ぶれ! 画像

「VOGUE」表彰式に満島ひかり、樹木希林、壇蜜ら各界から多彩な顔ぶれ!

今年、最も輝いた女性たちを表彰する「VOGUE JAPAN Women of the Year 2013」の授賞式が11月26日(火)、都内で開催され、樹木希林に八千草薫、満島ひかり…

樹木希林が静かに語る“死を笑える場所”ルーマニア…NHK紀行番組「地球イチバン」 画像

樹木希林が静かに語る“死を笑える場所”ルーマニア…NHK紀行番組「地球イチバン」

樹木希林の静かな語り口で、私たちの日ごろの暮らしからかけ離れた人生を変えるような“地球でイチバンの旅”を紹介するNHKの紀行番組「地球イチバン」。11月21日(木)の放送は、“世界でイチバン陽気な墓”がある地として…

『そして父になる』リメイク、トムクルーズが福山雅治の役の候補に…? 画像

『そして父になる』リメイク、トムクルーズが福山雅治の役の候補に…?

福山雅治主演の『そして父になる』出演するリリー・フランキーと樹木希林、是枝裕和監督による上映後のティーチインイベントが11月6日(水)、都内劇場で行われた…

橋本愛への「デートは?」の問いに、樹木希林が「楽しかったです」と助け舟 画像

橋本愛への「デートは?」の問いに、樹木希林が「楽しかったです」と助け舟

映画館で働くスタッフ選出による映画祭で、今年で4回目を迎える「日本シアタースタッフ映画祭」の授賞式が5月10日(金)に開催され、「主演男優賞」に輝いた阿部寛、「主演女優賞」の樹木希林、「助演女優賞」の橋本愛など受賞者が一堂に会した。

ダスティン・ホフマンから感激キス受けた樹木希林「40年別居している夫がいるので」 画像

ダスティン・ホフマンから感激キス受けた樹木希林「40年別居している夫がいるので」

『クレイマー、クレイマー』、『レインマン』で2度のアカデミー賞「主演男優賞」に輝いた名優、ダスティン・ホフマン。彼が75歳にして初監督に挑戦した『カルテット!人生のオペラハウス』を引っさげ、なんと21年ぶりの来日を果たし4月9日(火)、都内で記者会見を行った…

松坂桃李が「底なし沼」と語る樹木希林、桐谷美玲に強烈ツッコミで会場爆笑! 画像

松坂桃李が「底なし沼」と語る樹木希林、桐谷美玲に強烈ツッコミで会場爆笑!

直木賞作家・辻村深月の同名小説を映画化した『ツナグ』が10月6日(土)に公開初日を迎え、主演の松坂桃李、樹木希林、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一、平川雄一朗監督が舞台挨拶に登壇した。

樹木希林、松坂桃李とJUJUの交際を希望? 「何か生まれるといいわね」 画像

樹木希林、松坂桃李とJUJUの交際を希望? 「何か生まれるといいわね」

映画『ツナグ』の特別試写会が9月25日(火)に都内で行われ、上映前の舞台挨拶に松坂桃李、樹木希林、さらに主題歌を担当したJUJUが登壇。生で主題歌「ありがとう」を熱唱した。

樹木希林、“孫”松坂桃李の成長を心配? 「これから世の中に出れば分かる」 画像

樹木希林、“孫”松坂桃李の成長を心配? 「これから世の中に出れば分かる」

映画『ツナグ』の完成報告記者会見が9月11日(火)、東京国際フォーラムにて完成披露試写会に先立って行われ、主演の松坂桃李を始め、樹木希林、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一、八千草薫に平川雄一朗監督が出席した。

樹木希林、松坂桃李に辛口アドバイス 「スターになるには拝んでもダメ!」 画像

樹木希林、松坂桃李に辛口アドバイス 「スターになるには拝んでもダメ!」

映画『ツナグ』のヒット祈願イベントが8月13日(月)に神田明神(東京・神田)で行われ、主演の松坂桃李と樹木希林、平川雄一朗監督と一般から招待された15組のペアが出席。映画の完成を報告すると共に祈りを捧げた。

“理想の母親”1位は吉永小百合! 樹木希林、アンジーら多彩な面々が上位に 画像

“理想の母親”1位は吉永小百合! 樹木希林、アンジーら多彩な面々が上位に

強い母ちゃんに美しい母、たくましい“肝っ玉母さん”、優しいママ、厳しいお母さんなどなど母親も千差万別。もちろん映画の中で描かれる母親像もいろいろ。映画を観ながら本筋とは関係ないところで「うちの母親と同じこと言ってる!」とか「こんな母親の下で育ったらどうなってたかな?」なんて考えに浸る人もいるはず。シネマカフェのランキング企画「シネマカフェゴコロ ランキング5」ではこの1か月、「あなたが思う“理想の母親”女優」をテーマにアンケートを実施。国内外を問わず多くの作品を引き合いに、様々な女優にたくさんの票が投じられたが1位に輝いた理想の母は? 結果を大発表!

“母の日”サプライズで義理の息子・本木雅弘登場に樹木希林、感激! 画像

“母の日”サプライズで義理の息子・本木雅弘登場に樹木希林、感激!

5月13日(日)、母の日を記念して、都内劇場にて大ヒット公開中の『わが母の記』の特別上映会が開催。“わが母”こと樹木希林と原田眞人監督、さらにサプライズゲストとして樹木さんの義理の息子である本木雅弘が登壇し、「母」への想いを明かした。

紫綬褒章受章の役所広司を宮崎あおい、樹木希林ら女優陣が花束で祝福 画像

紫綬褒章受章の役所広司を宮崎あおい、樹木希林ら女優陣が花束で祝福

映画『わが母の記』が4月28日(土)に公開を迎え、役所広司を始め樹木希林、宮崎あおい、南果歩、ミムラ、菊池亜希子、原田眞人監督が舞台挨拶に登壇。春の紫綬褒章の受章が発表された役所さんに女性キャストから花束が贈られた。

樹木希林、認知症の役は「やりたがる役者がいないので私に回ってくる(笑)」 画像

樹木希林、認知症の役は「やりたがる役者がいないので私に回ってくる(笑)」

昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を映画化した『わが母の記』が劇場公開を前に4月18日(水)、「日本外国特派員協会」で上映され、主演の役所広司、樹木希林、原田眞人監督が上映後の記者会見に出席した。

樹木希林、イケメン俳優・松坂桃李との初共演に「乞うご期待!」 画像

樹木希林、イケメン俳優・松坂桃李との初共演に「乞うご期待!」

『アントキノイノチ』、『今日、恋をはじめます』など話題作への出演が続く人気若手俳優・松坂桃李を主演に迎え、若手女流作家・辻村深月のベストセラー小説「ツナグ」(新潮社刊)が映画化されることが決定! 日本を代表する名女優・樹木希林と初競演を果たすことが明らかとなった。

まえだまえだ、大先輩・樹木希林のアドバイスも知らんぷり「だって子供やもん!」 画像

まえだまえだ、大先輩・樹木希林のアドバイスも知らんぷり「だって子供やもん!」

是枝裕和監督の最新作『奇跡』が6月11日(土)に全国で公開され、東京・新宿バルト9では是枝監督をはじめ、主演を務めた小学生漫才コンビ「まえだまえだ」の前田航基と旺志郎、大塚寧々、樹木希林が登壇する初日舞台挨拶が行われた。緊張しているのか、はたまた余裕なのか…マイペースに舞台挨拶をこなす前田兄弟に対し、樹木さんは「普段からうるさかった。大人として『漫才だって“間”が大切でしょ』って真剣にアドバイスしたんだけど、全然聞いていない」とお説教。しかし航基くんと旺志郎くんは「だって、僕ら子供やもん」と日本映画界が誇る名女優を手玉に取っていた。

本木雅弘&内田也哉子の娘が祖母・樹木希林と共演 親は渋ってた…? 画像

本木雅弘&内田也哉子の娘が祖母・樹木希林と共演 親は渋ってた…?

映画『奇跡』の完成披露試写会が、5月5日(木)のこどもの日に行われ、主演のお笑いコンビ「まえだまえだ」(前田航基&前田旺志郎)、オダギリジョー、樹木希林、阿部寛に子役の林凌雅、内田伽羅、監督の是枝裕和が舞台挨拶を行った。

妻夫木聡らが日本代表に声援! …も、樹木希林は「サッカーは頭の細胞に悪そう!」 画像

妻夫木聡らが日本代表に声援! …も、樹木希林は「サッカーは頭の細胞に悪そう!」

映画『悪人』の完成報告会見が6月24日(木)、都内ホテルで行われ、主演の妻夫木聡をはじめ、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、原作者の吉田修一らが出席。李相日監督に対し登壇陣から次々に「しつこい!」とのコメントが浴びせられるひと幕があった。

家族の絆を紡ぐ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫初日舞台挨拶 画像

家族の絆を紡ぐ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫初日舞台挨拶

リリー・フランキーが亡き母への思いを中心に、親と子、社会と個人、時代によって変わるものと変わらぬものの姿を、真っ正直に綴った自伝小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」。テレビのスペシャルドラマ化、連続ドラマ化を果たすなど、社会現象的ブームを巻き起こした本作がついに映画化を果たし、公開初日となった4月14日(土)、主演のオダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫、松岡錠司監督による舞台挨拶が行われた。

  1. 1
  2. 2
Page 2 of 2
page top