いつか眠りにつく前に

善人? 悪人? 最後に笑うのは? ドラマ「ダメージ」グレン・クローズ来日記者会見 画像

善人? 悪人? 最後に笑うのは? ドラマ「ダメージ」グレン・クローズ来日記者会見

パティ・ヒューズは巨額な賠償金を求める訴訟しか扱わない、N.Y.きってのカリスマ弁護士。ロースクールを卒業したばかりの、聡明で野心に燃えるエレンは、パティの事務所に新人弁護士として就職する。だが、彼女の元で働き始めたことで、完璧だったエレンの人生が大きく変わっていくことに…。NHK BS-2で4月2日(水)より放映が始まるリーガル・サスペンス「ダメージ」。本作で冷徹な女弁護士・パティに扮し強烈な存在感を放つグレン・クローズが来日。3月28日(金)、記者会見が行われた。

出会いの季節、春を祝してvol.1 かけがえのない友人『いつか眠りにつく前に』 画像

出会いの季節、春を祝してvol.1 かけがえのない友人『いつか眠りにつく前に』

春は出会いの季節です。新しい学校、新しいクラス、新しい会社、新しい職場…。それゆえに、期待と不安が入り混じる時期でもありますが、それがいつしか落ち着いたとき、つくづく感じるのは、良い出会いがあってよかったなということ。もちろん、出会わなきゃ良かったという人とも出会うものですが、とりあえず、おめでたい春にはポジティブなことに集中するとして。

オスカー女優共演『いつか眠りにつく前に』監督が明かす秘密の女優演出方法とは? 画像

オスカー女優共演『いつか眠りにつく前に』監督が明かす秘密の女優演出方法とは?

永遠の眠りにつく前に、人は何を思い出すのか? 最も楽しい思い出か、それとも辛い記憶か——。死の床の混濁の中で過去に思いを巡らせる一人の老女、そして彼女を取り巻く人々の姿を描いた『いつか眠りにつく前に』。監督を務めたのはハンガリー出身で、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の『マレーナ』などで撮影監督として活躍してきたラホス・コルタイ。監督に本作に込めた思いを聞いた。

    Page 1 of 1
    page top