ジョニー・デップ、ティム・バートン監督と6度目のコンビ、復讐に燃える殺人鬼を怪演

最新ニュース

『スウィーニー・トッド』のジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーター -(C) Splash/AFLO
  • 『スウィーニー・トッド』のジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーター -(C) Splash/AFLO
ティム・バートン監督とジョニー・デップのコンビによる6作目となる『スウィーニー・トッド』(原題)。年末の全米公開を控えて、少しずつ情報が公開され始めている本作は同名ミュージカルの映画化作品で、カミソリで客の喉を切り裂く理髪師の物語。カラフルで愛嬌のあるジャック・スパロウ(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)から一転、ジョニーは冤罪で流刑された過去を持ち、その復讐に燃える殺人鬼を演じている。

先頃開催されたヴェネチア映画祭では、その功績を讃える栄誉金獅子賞がバートンに贈られ、プレゼンターとしてジョニーが登場。授賞セレモニー後に『スウィーニー・トッド』の8分間のフッテージがサプライズ上映された。

公開されたのはジョニー扮するベンジャミン・バーカーことスウィーニー・トッドがカミソリを片手に、共犯者であるヘレナ・ボナム=カーター扮するラヴェット夫人とデュエットするシーン。もちろん吹き替えなしで本人が歌っている。日本公開は来年1月予定。



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top