44歳、体脂肪率10%の高橋克典が意気込みを語る 劇場版『只野仁』撮影快調!

最新ニュース

『特命係長 只野仁 最後の劇場版』 -(C) 「特命係長 只野仁 最後の劇場版」製作委員会
  • 『特命係長 只野仁 最後の劇場版』 -(C) 「特命係長 只野仁 最後の劇場版」製作委員会
昼は冴えないダメ係長。だが夜になれば甘いマスクで女性を虜にする、会長直属の特命係長。2つの顔を鮮やかに使い分ける、その男の名は只野仁——。2003年7月よりテレビ朝日系の深夜ドラマ枠で放送されるや、シリーズを重ねるごとに同枠の最高視聴率を更新、今年2月2日に放送された第4弾スペシャルドラマでは、20.2%という高視聴率をマークした、人気TVドラマ「特命係長 只野仁」。本作が、おなじみ高橋克典を主演に迎え『特命係長 只野仁 最後の劇場版』となってスクリーンに登場する。12月の公開に向けて撮影が順調に進む中、4月12日(土)、高橋さん、そして今回ゲスト俳優として発表された西川史子と秋山莉奈による会見が行われた。

ドラマ開始から足かけ5年、遂に映画進出を果たした高橋さん。TVドラマとの違いを聞かれると「とにかくエキストラさんの数が多い! そして大阪・福岡と地方ロケにも行きました。でも只野は映画になったからといって、豪勢にはせず地味にお金を使っています(笑)」と早速ジョークを飛ばした。あくまで只野の持つB級感、そしてドラマファンを大事にしていきたいという高橋さんだが、改めて作品について「思いつくことをどんどん盛り込んで、1冊の週刊漫画雑誌みたいな気分で作っています。そして出演してくださる女優さんたちの存在が何よりの魅力かと」と語る。今回共演した西川さん、秋山さんについても「お二人とも魅力的でかわいらしい方でした。この作品では普段とは違う一面を見ていただけるのでは」と期待を持たせた。

只野仁のお約束と言えば、ベッドシーン。「今回初めて、カット前に笑ってしまいました」と高橋さんの言葉をよそに、そのお相手を務めた西川さんは、「たぶん(高橋さんは)私のことが好きではないかと…」と自分に酔ってる様子。本作での役どころは、秋山さん演じるタレント・シルビアのマネージャーというが、「役作りはいりませんでした。“ドS”そのままの感じで、私の魅力=キャラクターの魅力ではないでしょうか?」とまたしても余裕の発言。一方、「TVシリーズからのファンだったので、その大好きな作品に重要な役で出演させていただけて嬉しい」と喜びを語る秋山さん。「最初は、只野仁を一視聴者として見てしまい、ただただすごいなと」と言うが、一方でしっかりと自身の売りである“美尻”を強調して「普段“オシリーナ”として活動している秋山莉奈を反映し、等身大の役を演じてます。そして只野との出会いで少しずつ成長していきます」とアピールした。

初共演とは思えないほど、終始、現場のチームワークの良さを感じさせた3人。息の合った演技を見せてくれるにちがいない。高橋さんが「アミューズメントパークに来た感じで楽しんでいただければ」と語る『特命係長 只野仁 最後の劇場版』は、いよいよ12月、丸の内ピカデリー2ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top