岡田将生&蒼井優、時代劇に初挑戦! 人気恋愛小説『雷桜』映画化決定

最新ニュース

『雷桜』の主演に抜擢! 岡田将生&蒼井優
  • 『雷桜』の主演に抜擢! 岡田将生&蒼井優
  • 宇江佐真理「雷桜」(角川書店刊)
いまをときめく人気若手俳優、岡田将生と蒼井優が日本版「ロミオとジュリエット」で時代劇に初挑戦! 多くの女性読者の支持を集め、発行部数10万部を超える、宇江佐真理による恋愛時代小説「雷桜」がこの2人を主演に迎え、このたび映画化されることが決定した。

話題作への出演がひっきりなしに続く岡田さんと蒼井さんだが、今回が初共演で、時代劇へも共に初挑戦となる。岡田さんが演じるのは、将軍の血を引くがゆえに枷にはめられた世界で生きていた青年・斉道(なりみち)。かたや、蒼井さんは幼い頃に何者かにさらわれ、人里離れた山奥で自由に生きてきた野性的な女性・遊(ゆう)。決して交わるはずのない境遇の2人が、“雷桜(らいおう)”と呼ばれる奇妙な木の前で出会い、恋に落ちていくさまが描かれる。

遊の一途な想いを受けた斉道の心の成長、そして2人の魅力的な登場人物が紡ぐ普遍的なラブストーリーが、2000年の発売以来、時代劇というジャンルを超えて女性読者の共感を呼んできた本作。今年『余命1ヶ月の花嫁』を大ヒットに導いた廣木隆一監督とTBS平野隆プロデューサーのコンビが映像化に挑む。

来年3月から始まる撮影を控え、岡田さんは「初の時代劇で緊張してますが、やってみたいと思っていたのですごく嬉しいですし、楽しみです。乗馬や殺陣など、真剣に取り組みます」と意気込みを明かす。初共演の蒼井さんについては「透明感があり、佇まいが素晴らしいですね。共演できることを光栄に思います」と喜びの声を寄せている。

一方、10代の頃から原作を愛読しているという蒼井さんは、「とにかくきれいで、小説なのに映像を見たような感覚になりました。普段から小説を読むと映像を見たいな〜と思うのですが、この作品に関しては特に『映像で見たい!』と思っていました。それからだいぶ時間が経って、年齢も重ねてしまい、もう無理かなーと思っていました。でも10代の役でも、昔の人って現代人より大人っぽくはあると思うので大丈夫かなと」との感想。撮影に備えていま、乗馬とジムでトレーニング中だそうだが、初の時代劇に向けて「今までないですね。楽しみ…(共演の)岡田さんも初めてなんですよね。私は殺陣もやったことないし、乗馬もお試しで一回行ったことがある位でしかないので、初めてのことだらけですが、岡田くんと一緒に乗り越えられたらな〜と思います。いいものを作りたいという一心ですね」とワクワクしている様子が伝わってくるコメント。

そして、原作の宇江佐真理さんは「小説、とりわけ時代小説を映画化するのはとても難しいと聞いております。その中で『雷桜』にお声を掛けていただき、感激しております。この先は映画のご成功を心よりお祈りしております」と期待を寄せる。果たしてこの純愛、どのようにスクリーンに映し出されるのか? 

映画『雷桜』の撮影は来年の3月から4月にかけて、九州地方をメインにロケを行われる予定、公開は来年秋、全国東宝系にて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top