美輪明宏『ラブリーボーン』試写会に登場!「死者を身近に感じるなんて日常茶飯事」

最新ニュース

『ラブリーボーン』試写会に登壇した美輪明宏
  • 『ラブリーボーン』試写会に登壇した美輪明宏
全世界で1,000万部以上を売り上げたベストセラーを、スティーヴン・スピルバーグと『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが手を組んで映像化した『ラブリーボーン』。1月末に公開を迎える本作の試写会が1月13日(水)に開催され、ゲストとして美輪明宏が登場した。

主人公の14歳の少女が惨殺されるという衝撃的なシーンで幕を開ける本作。天国にいる少女が、家族や初恋の人を見守りながら想いを必死で伝えようとする、という物語にちなんで、スピリチュアルの分野に造詣の深い美輪さんがゲストとして招かれた。真っ白いドレスの美輪さんが姿を現すと、客席からは大きな拍手がわき起こった。

「死者を身近に感じたことは?」という質問に美輪さんは「あなた、そんなの日常茶飯事。年がら年中よ!」と答え、のっけから会場を沸かせた。さらに美輪さんは「天国とは何か」について、「霊魂とは素子の一つで、人間はその素子の周りにたんぱく質や脂質を包んだものにすぎない。人間が死ぬと、そのたんぱく質や脂肪が分解され、最後に残った素子がまた再生する場所なの」と自らの理論を説明。

続いて話題は映画に。美輪さんは、主演のシアーシャ・ローナンを「とても上品で愛くるしい。古き良き時代のハリウッド映画には、彼女のような素晴らしい俳優がたくさんいた」と絶賛し、「映画はロマンや情緒、非日常を感じられてこそ映画。この映画にはそれがある」と作品についても称賛のコメントを贈った。

最後に「2010年はどんな年になりますか?」との質問には「あたしは占者じゃないのよ!」と言いつつ、「良い年、悪い年になるかは人の胸三寸。全ては発想次第」とアドバイスしてくれた。

『ラブリーボーン』は1月29日(金)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top