大地真央が54歳の誕生日にゆってぃと「ワカチコ!」 宝塚仕込みのキレに驚愕!

最新ニュース

2人でワカチコ!
  • 2人でワカチコ!
  • 多くのファンが「おめでとう!」と祝福
  • 『50歳の恋愛白書』初日舞台挨拶
  • ノリノリで!
  • 『50歳の恋愛白書』初日舞台挨拶
  • アルミホイル(?)を巻いて登場
  • まずは1人で
  • 息ぴったり?
ロビン・ライト・ペン主演の『50歳に恋愛白書』が2月5日(金)に公開初日を迎えた。都内のTOHOシネマズみゆき座では初回上映後に、本作の宣伝部長を務め、この日、54回目の誕生日を迎えた大地真央が舞台挨拶を行い、ゲストとしてお笑いタレントのゆってぃも登壇。平日の午前中の回にもかかわらず、多くの観客が訪れ盛り上がりを見せた。

50歳にして夫の不義や15歳年下の男性との出会いなどをきっかけに、新たな人生の一歩を踏み出す女性の姿を描いた本作。颯爽と舞台に登場した大地さんは映画について「私も50歳過ぎて年下の男性(インテリアデザイナーの森田恭通さん)と2度目の結婚をし、もうすぐ3年になります。50歳を過ぎたから決断したり、新しいことに挑戦しようとしたりする、という部分は共感を覚えます」と語った。

この日は客席から大地さんへの質問を受け付けたが、ある女性は「いまの旦那さんと一緒にいて、一番素敵だと感じるところは?」と質問。大地さんは「感性、特に笑いのポイントが合っていて安らげる」とコメントし、夫との離婚を少し考えているというこの女性に「もうちょっと頑張ってみるのもよいかも」とアドバイスも送った。

40代のある女性は大地さんに40代の過ごし方について尋ねたが、大地さんは「40代の過ごし方で50代が決まる」と強調。「私は、口にするものを意識するようになったのが40代でした」と明かした。

続いて、大地さんの誕生日を祝うため、「年上の女性が3度の飯より好き」と公言するゆってぃさんが登場。バラの花束に加え、自身の衣裳と同じ銀色に輝くシャツを大地さんにプレゼント。大地さんはシャツを手に取り「これ、アルミホイルなんですか?」、「どういう方が着るんでしょうか?」など冷静な指摘を連発し、会場は笑いに包まれた。さらに、ゆってぃさんの求めに応じて、彼のもちネタである「ワカチコ」を振り付けと共に披露。ゆってぃさんは大地さんの動きの鋭さに「キレがすごい!」と驚嘆の声を上げ、会場からも拍手がわき起こったが、大地さんはまたも冷静に「あんまり嬉しくないですね」と苦笑い。それでも、舞台挨拶後の報道陣の取材に、プレゼントの銀色のシャツについて「家で、夫婦漫才するときに使おうかと思っています」とノリの良さも見せた。また、このあとの予定について尋ねられると「毎年、サプライズなんです。今日の夜のことも夫から『港区』、『洋食だよ』ということしか聞いてないんです」と幸せそうな笑みを浮かべていた。

『50歳の恋愛白書』はTOHOシネマズみゆき座ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top