【沖縄国際映画祭】矢島美容室「グランプリ獲って来年も来ます!」

最新ニュース

沖縄国際映画祭オープニング 『矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜』上映 photo:Yoko Saito
  • 沖縄国際映画祭オープニング 『矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜』上映 photo:Yoko Saito
  • 沖縄国際映画祭オープニング 『矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜』上映 photo:Yoko Saito
  • 沖縄国際映画祭オープニング 『矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜』上映 photo:Yoko Saito
  • 沖縄国際映画祭オープニング 『矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜』上映 photo:Yoko Saito
  • 沖縄国際映画祭オープニング 『矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜』上映 photo:Yoko Saito
第2回沖縄国際映画祭のオープニング作品『矢島美容室 THE MOVIE〜夢をつかまネバダ〜』が3月24日(水)、沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンター内で上映され、舞台挨拶に立った“母娘”音楽ユニットの矢島美容室のメンバー、ストロベリー・カメリア・ヤジマ(とんねるず・石橋貴明)が「グランプリを獲って来年また来ます」と“沖縄再上陸”を予告した。

一家の次女、ストロベリーと母のマーガレット・カメリア・ヤジマ(同・木梨憲武)、長女のナオミ・カメリア・ヤジマ(DJ OZMA)、中島信也監督の4人で登場。一家はDJ OZMAに米ネバダ州でスカウトされて日本でデビューしており、同作はネバダ州時代の様子を描いたドキュメンタリーとして構成されている。

ストロベリーは同作誕生のきっかけについて「日本に来て最初に(沖縄出身の)山田優を見てあんな女優になりたいと思ったから。縁のある土地です。(今日の)行きの飛行機では安室奈美恵ちゃんと一緒になりました」と説明。自身の巨大な(?)アフロヘアーを指して「ちなみに私の頭は具志堅用高(沖縄出身の元プロボクサー)から来ています。ちょっちゅねー」とモノマネ付きのリップサービスで「いつも沖縄に来ると、海ぶどうとジーマミ豆腐などを買って帰ります」と沖縄への親愛の情タップリ。同映画祭では「Laugh部門」、「Peace部門」に出品された各13作品、26作品が最高賞のグランプリを競い合うが、同作は「Laugh部門」に出品中とあって「グランプリを獲ってパート2を作って来年また来ます」と予告した。

一方、出演もしている中島監督は「僕のシーンはノリさんが…あ、すいません、マーガレットさんがカメラを回してくれました」と失言し苦笑い。ナオミは「プロデューサーのDJ OZMAの実の弟は名護市に住んでいます」と告白すると、すかさずマーガレットも「同じプロデューサーの木梨の(実家の)自転車店は沖縄に2号店を出す予定。ひとつよろしく〜」と続け、会場の笑いを誘う一幕も。作品について「思ったよりいい映画で、ビックリしています」と妙な自信を見せた。

シメでもストロベリーは「矢島美容室は沖縄が大好き。また来年も来ます!」とメッセージを送り、観客を喜ばせていた。

『矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜』は4月29日(木・祝)より全国にて公開。



沖縄国際映画祭現地レポート
http://www.cinemacafe.net/special/okinawa2010
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top