『ヒックとドラゴン』親子試写で学生たちが奮闘! 英語を絡めたイベントで大盛況

最新ニュース

『ヒックとドラゴン』学生プロデュースによる親子試写会
  • 『ヒックとドラゴン』学生プロデュースによる親子試写会
  • 『ヒックとドラゴン』学生プロデュースによる親子試写会
  • 『ヒックとドラゴン』学生プロデュースによる親子試写会
  • 『ヒックとドラゴン』学生プロデュースによる親子試写会
今週末公開を迎える注目のアニメ大作『ヒックとドラゴン』。現役大学生がプロデュースを務めた本作の親子試写会が7月30日(金)、パラマウント ピクチャーズ ジャパン試写室にて行われた。

本イベントは、企画から招待状作成、当日の運営まで全て神田外語大学の学生が担当。もちろん学生たちにとって全てが初めての挑戦だったが、様々な工夫を凝らし、訪れた12組の親子は大満足の一日となった。

当日は受付後、まず『ヒックとドラゴン』をイメージしたモチーフをフェイスペイント。映画のキャラクターや斧、炎などのフェイスペイントに子供たちは大喜び。そして今回の試写会のテーマ、「映画を通じて、英語の楽しさを体験」するために、上映前には外国人講師を招いて、英語の歌を交えたゲームを会場全員で実施。最初は緊張気味だった子供たちも、最後は親子総立ちで盛り上がりを見せた。

英語と映画を絡めたイベントには、子供たちはもちろん、一緒に参加した親からも高い評価が。「娘は英語で映画を観たのは初めてでしたが、とても楽しめたようでした」、「歌やゲームも、英語に親しめてよかったです」と、学生たちのアイディアを親子で楽しんでいた様子。

全米初登場1位という評判通り、映画への評価も高く「大変おもしろかったです。ドキドキしたけど、楽しかったです。空を飛んでるところが楽しそうで、ドラゴンに乗って飛んでいるみたいです」、「ヒックとトゥースの友情や人を信じる心がとてもよく描かれていました。楽しかったです」と、親子で楽しめるストーリーであることが改めて明らかになった。

初めてのイベントプロデュースを体験して、学生たちは何よりも無事終えたことにホッとした様子。この先、映画業界を目指す者、英語を活かした仕事に就く者、と進路は様々だが、未来へ羽ばたく学生たちにとって、有意義な経験になったことは間違いない。

『ヒックとドラゴン』は8月7日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

特集「『ヒックとドラゴン』宣伝体験記」
http://www.cinemacafe.net/special/hic-dragon/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top