“胸キュン”のポイントはギャップにあり? 『NECK』恋の“ドキドキ”エピソード発表!

最新ニュース

『NECK』 -(C) 2010『NECK』製作委員会
  • 『NECK』 -(C) 2010『NECK』製作委員会
世に言う“吊り橋理論”によれば、極限状態や恐怖に襲われたときこそ、人は恋に落ちやすいと言われるが、恐怖の妄想が現実となったとき、その想いは“胸キュン”な恋に発展するものか? そんな奇想天外な発想から生まれた“胸キュンホラー”エンターテイメント『NECK ネック』が8月21日(土)より公開となる。これを記念して、シネマカフェの映画体験型サイト「シネマライブ!」では、男女の読者を対象に「恋の“ドキドキ”エピソード」を大募集! その一部をここでご紹介。

もちろん胸がキュンとなるポイントは人それぞれだが、女性の中で目立っていたのが“駅”というシチュエーションでの数々のエピソード。ラブストーリーでもドラマティックな場面の舞台として描かれることが多いが、実際に「デートの帰り、駅のホームで別れ際にキスされたこと」(30歳女性)という声をはじめ、「電車通学で毎朝会う他校の学生に片想いをしていて、『今日は乗ってないな〜』とがっかりしていたら、隣のつり革に相手がいたとき」(33歳女性)という微笑ましいエピソードも。

同様に投稿が多かったのが、“初デート”のエピソードの数々。中でも観覧車や展望台など、初デートスポットの王道(?)でのロマンティック思い出が多く見られた。

また、気になる異性と急接近、というのもグッとくる“ドキドキ”の鉄則? 「会社で見慣れないかっこいい男性を見つけドキドキしていたら、自分の部署に配属されてすっかりドキドキ!」(31歳女性)に、「ずっと通っていた書道教室に、同じクラスで気になっていたカワイイ女の子が突然通ってくるようになり、動揺のあまりにその日の筆づかいはメタメタでした…」(20歳男性)という甘酸っぱいエピソード。急接近という点では、さらに「TVの占いコーナーで『今週のかに座の人は、誰かに告白されるかも!?』と言われた途端、一緒にTVを見ていた男友達から突然告白された」(30歳女性)という思い出も。

甘酸っぱいエピソードが並ぶ中、逆にこんな“ドキドキ”失敗談もちらほら。「恋愛相談で友達にメールを送ったつもりが、友達ではなく彼に送ってしまっていたこと! 思いきりバレてしまいました…」(28歳女性)というかわいらしい失敗談があれば、「初デートでホラー映画を観に行ってしまい、彼が異様にビビり屋さんで映画館で叫びまくり…。恥ずかしすぎてハラハラドキドキでした(笑)」(25歳女性)と、笑えるものまで。初デート映画の作品選びは慎重に…。とは言え、相手が見せるギャップがいい方向に転じることもあるようで、「弱々しくて女の子のような彼が人ごみで力強く手を引いてくれたときはドキドキしました」(27歳女性)という声も。男性の方はぜひ参考にしてみては?

さて、あなたの一番の“ドキドキ”エピソードは? 夏にぴったり(?)の胸キュン要素がつまった『NECK ネック』は8月21日(土)よりシネマサンシャイン池袋、新宿バルト9ほか全国にて公開。

映画体験サイト シネマライブ!
http://www.cinemacafe.net/live/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top