福岡在住の新人アーティストが東京初ライブ、博多華丸「絶対売れるんです!」と太鼓判

最新ニュース

『洋菓子店コアンドル』特別試写会
  • 『洋菓子店コアンドル』特別試写会
  • 『洋菓子店コアンドル』特別試写会
  • 『洋菓子店コアンドル』特別試写会
  • 『洋菓子店コアンドル』特別試写会
  • 『洋菓子店コアンドル』特別試写会
福岡県在住の新進シンガーソングライター、ももちひろこが1月21日(金)、都内で行われた『洋菓子店コアンドル』の特別試写会に出席し、東京での初ライブを敢行した。この日は同じ福岡出身のお笑いコンビ、博多華丸・大吉が応援に駆けつけ、「(川平慈英のモノマネで)絶対に売れるんです!」(華丸さん)、「僕らとからむと、みんな売れるんですよ」(大吉さん)と地元が生んだスター候補に太鼓判を押した。

伝説のパティシエと呼ばれながら、8年前にケーキ作りを突如としてやめてしまった十村遼太郎(江口洋介)と恋人を追って鹿児島から東京に出てきた臼場なつめ(蒼井優)。都内で評判の洋菓子店「パティスリー・コアンドル」で出会った2人が、人生を見つめ直す姿を目にも鮮やかなスイーツと共に描く。

2月9日(水)発売の本作の主題歌「明日、キミと手をつなぐよ」でメジャーデビューするももちさんは、福岡を中心に積極的にライブ活動する22歳のシンガーソングライター。19歳のときに、ユニバーサルミュージック×新星堂新人発掘オーディション“CHANCE! 09”で最優秀賞を獲得した。これまでHIROCO名義で活動してきたが、「自分の居場所は福岡だと目に見える形で残しておきたかった」(ももちさん)という理由で、出身地である福岡県・百道(ももち)に由来する「ももちひろこ」として、晴れてメジャーデビューすることになった。

初めての東京ライブに「不安と嬉しい気持ちが半分半分です」とももちさん。この日披露した主題歌について、「江口さん演じる、過去のせいで前に進めないパティシエに自分を重ね合わせた。私もオーディションに落ち続けた経験があるので」と思いを語った。そんな初々しい姿に、華丸さんは「上京当時を思い出す。ももちさんは(福岡出身の)松田聖子以来の衝撃」、大吉さんは「そんな時代もありますね。僕はいま、芸能界一、歌が下手な芸人なので、同じ福岡でなぜこんなに違うのかと…」。2人は地元のファンによる寄せ書きを手に、ライブ中もももちさんの応援に余念がなかった。

ちなみに「僕らとからむと、みんな売れるんですよ」という大吉さんの発言には、確固たる根拠が。本作の主演である蒼井さんは福岡出身で、東京進出する前に、地元テレビ局の番組にて華丸・大吉とドラマで共演。また、人気演歌歌手の氷川きよしもブレイク前に、地元福岡で華丸・大吉のレギュラー番組に出演していたのだとか。そんな華丸・大吉を踏み台に(?)、ももちさんが今年の音楽シーンで活躍することは間違いなさそうだ。

『洋菓子店コアンドル』は2月11日(金)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top