マイケル・ダグラス、躁うつ病治療を告白した妻キャサリンを「誇りに思う」

最新ニュース

マイケル・ダグラス&キャサリン・セダ=ジョーンズ -(C) Rex Features/アフロ
  • マイケル・ダグラス&キャサリン・セダ=ジョーンズ -(C) Rex Features/アフロ
マイケル・ダグラスが、双極性障害(躁うつ病)で入院治療を受けたと公表した妻のキャサリン・ゼタ=ジョーンズの行動を「誇りに思う」とコメントした。

マイケル自身も昨夏、咽喉がんを患っていることを公表し、今年1月にがん克服を宣言したが、夫の闘病を支えたキャサリンは精神的ストレスが蓄積していったようだ。4月上旬にコネティカット州の精神保健施設に5日間入所し、同時に双極性障害を患っていることを公表、同じ病に苦しむ人々に「誰にも言わず、ひとりで苦しむ必要はないです」と周囲に助けを求める大切さを訴えた。

マイケルは「助けを求めるのは勇気が要ること。キャサリンが自分の状態を好転させようと行動したことを誇りに思います。私たちも前向きで、明るくなれます」とコメントした。キャサリンは20日からルイジアナ州に赴き、ジェラルド・バトラー、ユマ・サーマン、ジェシカ・ビールと共演のコメディ『Playing The Field』(原題)の撮影に参加している。



写真は妻キャサリンをエスコートするマイケル・ダグラス。

© Rex Features/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top