深田恭子、雨上がり・宮迫を笑顔で“極悪”呼ばわり!

最新ニュース

『豆富小僧』公開初日舞台挨拶
  • 『豆富小僧』公開初日舞台挨拶
  • 『豆富小僧』公開初日舞台挨拶
  • 『豆富小僧』深田恭子
  • 『豆富小僧』武田鉄矢
  • 『豆富小僧』小池徹平
  • 『豆富小僧』平野綾
  • 『豆富小僧』宮迫博之
  • 『豆富小僧』はるな愛
日本初の長編3Dアニメーション映画『豆富小僧』が4月29日(金・祝)に公開を迎え、舞台挨拶にボイスキャストを務めた深田恭子、武田鉄矢、小池徹平、平野綾、宮迫博之、はるな愛、河原真明監督、杉井ギサブロー総監督が舞台挨拶に登壇した。

深田さんは「私は豆富ちゃんが大好きで、この日を待ち望んでいました。豆富ちゃんにみなさんが少しでも癒されていただければ幸いです」と初日を迎えた喜びを語る。本作で初めてアニメの声優に挑戦したが「何もないところから作っていくのは難しかったです」とふり返った。本作にはすでに、アジア各国から公開のオファーが届いているということが発表されたが、武田さんは豆富小僧について「こういう妖怪がたくさんいたら、日本という国がもっと良くなる。どこに出しても恥ずかしくない妖怪です!」と世界進出に太鼓判を押した。

平野さんも「妖怪というと、おどろおどろしいイメージですが、ここに出てくる妖怪たちはみんなかわいい妖怪ばかりで、身近にいたら楽しいだろうと思います」と満面の笑みで挨拶。小池さんは、愛くるしい“袖引き小僧”の声を担当したが、「小さくて見た目はかわいいんですが、性格はわりとひねくれてます。そういう人間的な部分を持っているところもかわいい」と愛着たっぷりの様子だった。

宮迫さんは豆富小僧が対決する狸のボス“芝居者狸”を演じたが「恭子ちゃんに『見た目、似てますよね。目がそっくりです』と言われました」と告白。深田さんが「極悪な感じが…」と付け足すと「それ、ただの悪口なんで!」と困惑気味にツッコミを入れ、会場をわかせていた。

はるなさんは、当初、性別不明だったという“702番狸”について「ビルから落ちるシーンで、男の子のシンボルちゃんがついてるよねぇ! そこでキュンとなっちゃいました」と語り、さらに落下の際の叫び声は「あれは(大西)賢示の声でしたね」と明かし、会場は再び笑いに包まれた。

今後、日本を飛び出しての活躍にも期待! 『豆富小僧』は全国にて3D、2D同時公開中。

特集「『豆富小僧』meetsシネカフェくんの冒険」
http://www.cinemacafe.net/ad/tofukozo/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top