布袋寅泰に“ミッション”発令! 『ミッション:インポッシブル』テーマ曲をアレンジ

最新ニュース

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』メインテーマ曲を布袋寅泰が担当
  • 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』メインテーマ曲を布袋寅泰が担当
  • 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』メインテーマ曲を布袋寅泰が担当
トム・クルーズ主演で贈る大ヒットアクション・シリーズ待望の最新作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の日本公開を記念して、このほど日本からギタリストの布袋寅泰が本作のメインテーマ曲を手がけることが決定した。

シリーズを通して作品の顔とも言うべき、お馴染みの『ミッション:インポッシブル』のテーマ曲だが、シリーズ4作目となる今回は日本全国に届く、圧倒的なインパクトのあるプロジェクトを検討する中、幅広い世代に親しまれ、今年でアーティスト活動30周年を迎える布袋さんに白羽の矢が立った。奇しくもトムと布袋さんは同い年、トムも今年ハリウッドデビュー30周年を迎えるとあって2人の間に因縁を感じるが、このアイディアに対して、元々布袋さんの手がけた『キル・ビル』の楽曲を知っていた本国ハリウッドのプロデューサー陣は「グレイト!」と絶賛。このパラマウント ジャパンの意向を布袋さんも快諾し、夢の競演が実現する運びとなった。

今回の夢のオファーについて布袋さんは「『やった!』と思った。『ミッション:インポッシブル』のテーマは映画ファンだけにとどまらず多くのファンに愛されている名曲中の名曲なので、それを傷つける訳にはいかない。その反面、僕にこの“ミッション”を与えていただいたからには、やっぱり布袋色に染めたかった」と喜びを語る。さらに、「とても不思議なご縁だと思います。30年というのは決して短い期間ではないし、でも自分的にはあっという間だった。多分トムもそうだと思います。そんな中、色々な試行錯誤をしながら、トムは映画に対する愛情、僕は音楽に対する愛情を失うことなくやってきた。そんな我々がこの作品で巡り合えたというのは、僕にとってはとても光栄です」と同じ年月のキャリアを歩んできたトムとの類稀なる“縁”についてしみじみとコメント。

こちらの楽曲は今後、TVスポットを始め様々なプロモーションで起用される予定。変幻自在な音楽センスと日本屈指のギターテクニックで、疾走感とスリル満載の映画の世界観をどう盛り上げるのか? 期待は高まるばかりだ。

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』は12月16日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top