トム・クルーズ、布袋寅泰の生演奏に「アメイジング!」連発

最新ニュース

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』ファン・ミーティング・セレモニー
  • 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』ファン・ミーティング・セレモニー
  • 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』ファン・ミーティング・セレモニー
  • 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』ファン・ミーティング・セレモニー
  • 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』ファン・ミーティング・セレモニー
  • 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』ファン・ミーティング・セレモニー
  • 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』ファン・ミーティング・セレモニー
  • 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』ファン・ミーティング・セレモニー
  • 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』ファン・ミーティング・セレモニー
昨夜、1年2か月ぶりの来日を果たしたトム・クルーズが12月1日(木)、昼間の記者会見に続いて六本木ヒルズアリーナで開催されたファン・ミーティングに出席。『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』で共演のポーラ・パットン、ブラッド・バード監督と共に、ファンの間に敷かれたレッドカーペットを歩き、精力的にファンサービスをこなした。ゲストとして、本作のTVスポットのために、自らアレンジした本作のテーマ曲を提供しているギタリストの布袋寅泰も登場し、生演奏で会場を盛り上げた。

トム自ら製作を務める大ヒットシリーズの第4弾となる本作。クレムリン爆破の罪を着せられ、国家や組織の後ろ盾を失ったイーサン・ハント(トム)と仲間たちが、奪われた核発射コードの情報を取り戻すべく世界中を駆けめぐる。

昨日までの陽気が嘘のような、今年一番の寒さにもかかわらず、1,500人を超えるファンがトムをひと目見ようと会場に足を運んだ。午後6時ごろトムが到着すると、会場は一気にヒートアップ。トムはすぐさまファンの元に歩み寄ってサインに握手、写真撮影。たっぷり1時間半をかけてファンサービスとTV局の取材を行なった。

布袋さんによる生演奏に続いて、ステージにトム、ポーラらが姿を現すと再び会場を大歓声が包む。トムは布袋さんの手を取り「Amazing(素晴らしい)!」を連発。布袋さんから「あなたもギターを弾くって聞きましたよ?」と尋ねられるとニッコリとうなずき、「ミュージカル映画(※『ROCK OF AGES』(原題))を撮ったばかりなんだ」と語った。

映画では世界一高いビルとして知られるドバイ(UAE)のブルジュ・ハリファでスタントなしで超高層でのアクションをこなしているが「怖かった?」という問いには「Yes,very(とってもね)!」と語りつつ「(ビルの)てっぺんにぶら下がって妻(ケイティ・ホームズ)と子供たちの名前を書いてきたよ」と“武勇伝”を明かした。

ポーラは昼の会見時に見せたキュートなミニスカートのワンピースとは打って変わった、セクシーな女スパイを思わせる胸元の開けた黒いスーツで登場。本作への出演を「素晴らしい経験で、トムから多くのことを学んだわ」と笑顔でふり返った。

最後にトムは、詰めかけたファンに対し改めて「来てくれてありがとう。みなさんが来てくれるということは、僕にとって本当に意味のある大きなことです。日本で今年、いろんなことが起きたことは承知してますし、どれほどの勇気と力で立ち直ろうとしてきたかも知ってます。再びここ日本に来ることができたという名誉を噛みしめています。どうか映画を観て笑顔になってください! みなさんのために作りました。またここに戻ってきます。ドウモアリガトウ」と語りかけ、会場は歓声と拍手に包まれた。

レッドカーペットイベントに続いて、トムは被災地・福島の人々を含む2,000人を招待した世界最速の本作の試写会の舞台挨拶に登壇し、日本での“ミッション”を完了。その後、空港に直行しワールドツアーの次の目的地である韓国へと飛び立つ。

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』は12月16日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top