妻夫木聡、31歳での高校生役に「すいません」と苦笑

最新ニュース

『愛と誠』完成報告記者会見
  • 『愛と誠』完成報告記者会見
  • 『愛と誠』完成報告記者会見
  • 『愛と誠』完成報告記者会見
  • 『愛と誠』完成報告記者会見
  • 『愛と誠』完成報告記者会見
  • 『愛と誠』完成報告記者会見
  • 『愛と誠』完成報告記者会見
梶原一騎原作による伝説的漫画を映画化した『愛と誠』の完成報告記者会見が3月19日(月)に都内で行われ、三池崇史監督と共に主演の妻夫木聡、武井咲が出席した。

梶原さん(原作)とながやす巧(画)のコンビで「週刊少年マガジン」に連載され一世を風靡し、これまでにも映画化、ドラマ化されてきた同名漫画を鬼才・三池監督がミュージカルシーンを取り入れて映像化。誰も信じずに己の拳のみで生きる超不良の太賀誠(妻夫木さん)と彼を心から愛する究極のお嬢様・早乙女愛(武井さん)のツッコミどころ満載の純愛を描き出す。

妻夫木さんは会見開始早々「31歳にもなって高校生役をやってすいません」と苦笑い。脚本を読んでの感想を問われると「なかなか、ふざけた映画だなと思いました(笑)」と語り、さらに完成した作品についても「バカみたいに当たる映画ではないと思いますが楽しんでもらえると思う」、「自分で想像していたより面白かった」、「“純愛エンターテイメント”って言ってますが全然違う! どこがだよ? って感じ」などと本音を炸裂させ、会場を笑いに包んだ。

武井さんも「よく分からないなというのが第一印象でした(笑)」と告白。「三池監督と妻夫木さんにお会いしてお話しさせていただく日はすごく緊張してて、しかも前の仕事の関係で遅れてしまいまして…。それですごくビビってたという印象が強いです。それからお話を聞いたんですがよく分からなかったです(苦笑)」と語り、現場についても「あまり台本を読まなくていいのかな? と思わせる現場でした(笑)。これが初めての映画出演だったんですが、とてもいい作品だったと思います」と強心臓ぶりをのぞかせた。

三池監督は「梶原一騎さんは、自分たちの世代の男にとって特別な存在。その中でも『愛と誠』は女性にも支持された作品。大人になってこういう作品が作れるようになって良かった」と強い思い入れを明かす。ミュージカルシーンについては脚本の宅間孝行のアイディアで取り入れたそうだが「ミュージカル映画というよりも、登場人物たちが持ち歌を持ってて、勝手に歌ってる感じ」とのこと。日本の音楽シーンを代表するプロデューサーの小林武史が音楽を担当しているが、妻夫木さんは「最初は小林さん、本当にやってくれるの? と思ってました。多分、Mr.Childrenさんとかがレコーディングするようなスタジオに緊張して入ったんですが、メチャメチャ難しかった。歌手の人ってよっぽど歌がうまいんだなと思いました」と素直な感想を漏らした。武井さんも「歌は好きですが、部屋に入ってマイクに向かうと緊張して声が震えて恥ずかしかったです。小林さんの弾くピアノをヘッドフォンで聴いて感動しました」と初体験をふり返った。

この日はプロモーションのため、“『愛と誠』運命の恋判断センサー”なる巨大な装置が登場。妻夫木さんと武井さんが脇に備え付けられたスイッチを押し、劇中の恋が“運命の恋”であれば電飾が点灯するというものだが、報道陣のイマイチな反応を見て妻夫木さんは「だからやりたくないって言ったんだよ、これ!」と渋い顔。「これを作る予算があれば現場に回してほしい。深夜まで大変だったんだから! もう1回、宣伝会議をやり直さなくちゃと思ってます」と再び本音をぶちまけ、会場は最後まで笑いにあふれていた。

『愛と誠』は6月16日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top