妻夫木聡&斎藤工、大暴走する『愛と誠』三池監督にヒヤヒヤ!?

最新ニュース

『愛と誠』妻夫木聡×斎藤工×三池崇史トークショー@三池崇史監督presentts 大人だけの空間
  • 『愛と誠』妻夫木聡×斎藤工×三池崇史トークショー@三池崇史監督presentts 大人だけの空間
  • 『愛と誠』妻夫木聡×斎藤工×三池崇史トークショー@三池崇史監督presentts 大人だけの空間
  • 『愛と誠』妻夫木聡×斎藤工×三池崇史トークショー@三池崇史監督presentts 大人だけの空間
  • 『愛と誠』妻夫木聡×斎藤工×三池崇史トークショー@三池崇史監督presentts 大人だけの空間
  • 『愛と誠』妻夫木聡×斎藤工×三池崇史トークショー@三池崇史監督presentts 大人だけの空間
  • 『愛と誠』妻夫木聡×斎藤工×三池崇史トークショー@三池崇史監督presentts 大人だけの空間
三池崇史監督が4月18日(水)、最新作『愛と誠』の公開を記念し、東京・港区のビルボードライブ東京にて「三池崇史監督 presentts 大人だけの空間」と題したトークショーを開催。本作で“超不良”の主人公・誠を演じた妻夫木聡と、共演する斎藤工が登場し“男3人”で狂おしい純愛エンターテインメントに仕上がった本作の魅力を語り尽くした。

復讐心をたぎらす誠と、そんな彼に一途過ぎる純愛を注ぐヒロイン・愛(武井咲)によるラブストーリーが、小林武史プロデュースによる昭和歌謡の名曲に乗せて、ハードかつロマンチックに描かれる。妻夫木さんが西城秀樹の大ヒット曲「激しい恋」を熱唱するほか、武井さんが名曲「あの素晴しい愛をもう一度」(ザ・フォーク・クルセダーズ)を、斎藤さんは「空に太陽があるかぎり」(にしきのあきら)を劇中で披露。もちろん、三池監督の十八番である躍動感あふれるアクションも満載だ。

妻夫木さんは先日、都内で開催された完成披露会見で「よく分からない映画」、「ふざけている」と発言。駆けつけたマスコミ陣を大爆笑させ、当日から翌日にかけての報道でも、その様子が大々的にフィーチャーされたばかりだ。普段のイベントや会見でも、等身大の発言で記者にペンを走らせる妻夫木さんだが、「さすがに反省しましたね…。『稀に見る映画』とか別の言い方があったと思う」と恐縮した様子。「でもやっぱりよく分からないんですよね(笑)。ただ一つのジャンルに収まらない、『愛と誠』という新しいジャンルが生まれた気がする」と先日の発言を自らフォローした。

斎藤さんは、ヒロイン・愛への一方的な愛情を絶叫するメガネ優等生・岩清水を演じ、「学ラン姿がコスプレになったら負けだと思った」とふり返る。女子高生役の武井さんは、一回り年下で「同じ干支なんです。なんと言うか“新人類”という感じ」と斎藤さんも苦笑しきりだ。

三池監督は自身がプロデュースするトークショーとあってか、“舌好調”にも拍車がかかる。全国公開を前に行われているマスコミ試写での評価を「絶賛とひんしゅくの嵐」とぶっちゃけ、「撮っている自分も率直に『やっちまったな』という気持ちだった」とまさかの開き直り!? だからこそ「とにかく観てもらわないと。非難することも含めて、映画を観るということを楽しんで欲しい」と百戦錬磨の三池監督らしい、余裕の表情だ。一方、そんな三池監督の大暴走に、妻夫木さん&斎藤さんの表情には“ヒヤヒヤ感”が滲み出ていた。

『愛と誠』6月16日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top