松山ケンイチ「正直やられた」 アドリブ連発の貫地谷しほりに“完敗宣言”

最新ニュース

『僕達急行 A列車で行こう』公開初日舞台挨拶
  • 『僕達急行 A列車で行こう』公開初日舞台挨拶
  • 『僕達急行 A列車で行こう』公開初日舞台挨拶
  • 『僕達急行 A列車で行こう』公開初日舞台挨拶
  • 『僕達急行 A列車で行こう』公開初日舞台挨拶
  • 『僕達急行 A列車で行こう』公開初日舞台挨拶
  • 『僕達急行 A列車で行こう』公開初日舞台挨拶
  • 『僕達急行 A列車で行こう』公開初日舞台挨拶
  • 『僕達急行 A列車で行こう』公開初日舞台挨拶
昨年12月に急逝した森田芳光監督の遺作となった『僕達急行 A列車で行こう』が3月24日(土)、遂に全国の劇場で“出発進行”。東京・渋谷TOEIにて、主演の松山ケンイチを始め、主人公を翻弄するヒロイン2人を演じる貫地谷しほりと村川絵梨が初日舞台挨拶に登壇した。

森田監督の突然の訃報から約3か月が経ち、松山さんは「ここにいてくれたらと思うと残念ですが、(上映後の)みなさんのスッキリした顔を見ると、監督の思いが伝わったんだなと幸せな気持ちになります」と安堵の表情。「幅広い作品を作り続けた森田監督の、ある意味では原点のような作風。だから、幅広い方々に観てもらいたい」と最後のアピールにも熱がこもった。

大手企業に勤めるマイペース男子・小町圭(松山さん)と実家の鉄工所で働く小玉健太(瑛太)。性格は違えど“鉄道好き”という共通の趣味をきっかけに出会った2人が、鉄道愛ゆえの騒動を巻き起こしながら、いつしか周りをハッピーにしてしまう青春コメディ。森田監督によるオリジナル脚本で、構想には10年以上の歳月が費やされた。

本作における“森田演出”で印象に残った点は「真面目に生きている人間から生まれる笑いを描きたいと言っていた。だから、笑わそうとする演技は“寒い”からやめてくれと」(松山さん)。2007年に公開された『椿三十郎』『サウスバウンド』に続き、森田監督とのタッグは3度目。「毎回、ハードルの高い演出に追いつくので精いっぱいだった。正直『次がある』と思っていたから、まさかこんなに早く亡くなられるなんて…」とやはり寂しさは拭いきれない様子だ。

そんな松山さんは、共演した貫地谷さんに対して「森田監督はアドリブを許さない監督。それなのに、高いハードルを軽々と越えてアドリブを連発していた。小町としても、俳優としても正直やられた」と完敗宣言。当の貫地谷さんは「なんか(アドリブが)出ちゃって」とあっけらかん。また、村川さんは「お会いするたびに、印象が違う。心から『役者だな』と尊敬しています」と3度目の共演となった松山さんの印象を語った。

エンドロールでは森田監督直筆の“ありがとう”の文字が味わい深い余韻を残しており、「たくさんのダメ出しをいただき、自問自答できる環境を与えていただいた」(貫地谷さん)、「私からありがとうと言うのはおこがましいほど。でも、作品を通して人生観を考えさせられた」(村川さん)とそれぞれ感謝の意を表した。最後に、松山さんは「監督はとにかく人が好きで、人とのコミュニケーションを楽しんでいた。僕も監督からポジティブなものをたくさんもらい、人との出会いが人生をより豊かでキラキラしたものにすると教えてくれた」とやはり感謝で締めくくり、天国の森田監督に本作の門出を報告していた。

『僕達急行 A列車で行こう』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top