佐々木蔵之介&塚地武雅が森田監督にパジャマで感謝!「僕は監督の秘蔵っ子(笑)」

最新ニュース

「森田芳光監督」特集上映イベントに出席した佐々木蔵之介&塚地武雅(ドランクドラゴン)
  • 「森田芳光監督」特集上映イベントに出席した佐々木蔵之介&塚地武雅(ドランクドラゴン)
  • 「森田芳光監督」特集上映イベントに出席した佐々木蔵之介&塚地武雅(ドランクドラゴン)
  • MOOK本「ぴあ 森田芳光祭 〜全員集合! モリタ監督トリビュート〜」(表紙)
昨年末に急逝した、森田芳光監督をトリビュートしたMOOK本「ぴあ 森田芳光祭 〜全員集合! モリタ監督トリビュート〜」の出版を記念し、12月9日(日)、特集上映イベントが銀座シネパトスで行われ、森田監督作『間宮兄弟』で主演を務めた佐々木蔵之介と塚地武雅(ドランクドラゴン)がトークショーを行った。

この日の特集イベントでは、『の・ようなもの』('81年)、『家族ゲーム』('83年)、『それから』('85年)、『間宮兄弟』('06年)の4作品の上映と併せて、『間宮兄弟』で兄弟役を演じた佐々木さんと塚地さんが撮影当時に着用していたパジャマ姿で登場。

登壇前のトークでは、「兄弟として再会するのは6年半ぶりだけど、何の違和感もないね」と笑顔を見せ、「6年半ぶりに『間宮兄弟』の舞台あいさつをするとは思ってもみなかった。こういう機会を作っていただいて、僕たちも会場のみなさんも、そして監督も喜んでいると思います」(佐々木さん)、「僕は森田監督によって確実に人生を変えられ、お芝居の道を切り開いてもらった。今日は感謝の気持ちを込めて登壇したいと思います」(塚地さん)と、それぞれに再会した胸の内を語った。

この日の会場には、京都や愛知など全国から森田監督を偲ぶファンが詰めかけた。そんなファンたちの熱い質問にも6年半ぶりとは思えない、息の合った掛け合いを見せた2人。本作で本格的な映画デビューを果たした塚地さんは、「森田監督のおかげで演技の仕事が増えました。僕は監督の“秘蔵っ子”だと思ってます(笑)」と宣言。また、「うわさで、監督が松田優作さんと殴り合いのケンカをしたと聞いて、めっちゃ怖い人だと思っていたけど、実際にお会いしたらすごくシャイな方だった」、「撮影中の思いつきがとても多くて、いきなり着ぐるみやタライが出てきて驚いた」などなど、森田監督との思い出を明かした。

さらに、森田組の撮影現場で「この作品のテーマでもある“おもてなしの心”を教わった」とふり返る2人。「森田組は、僕たちキャストがやりやすいような現場を作ってくれて、いつも“おもてなし”があった。監督からも『今後生きて行く中でも、“おもてなし”はとても大事なこと』と言われ、僕の中でその言葉は常にある」と佐々木さんは感謝を口にし、会場は温かい拍手に包まれた。

MOOK本「ぴあ 森田芳光祭 〜全員集合! モリタ監督トリビュート〜」は全国書店にて発売中。

「ぴあ 森田芳光祭 〜全員集合! モリタ監督トリビュート〜」
発売中
価格:1,470円(税込)
発刊元:ぴあ株式会社
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top