世界のキタノ、『アウトレイジ』引っさげヴェネチアに参戦!「カンヌ以上に楽しみ」

最新ニュース

『アウトレイジ ビヨンド』 -(C) 2012 「アウトレイジ ビヨンド」製作委員会
  • 『アウトレイジ ビヨンド』 -(C) 2012 「アウトレイジ ビヨンド」製作委員会
「世界のキタノ」こと北野武監督が放つ、社会の裏側に生きる男たちによるバイオレンス・エンターテインメント『アウトレイジ ビヨンド』が、8月29日(現地時間)より開催される第69回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品されることが明らかとなった。

関東最大の暴力団組織・山王会の抗争から5年。熾烈な下剋上に決着がついたはずだったが、ヤクザ壊滅を図る警察が動き始める。利用されたのは“死んだはずの男”大友。騙しと裏切りの火種がまたもやくすぶり始め、関東勢VS関西勢(花菱会)の巨大な抗争の火蓋が切って落とされる!

北野監督は過去に3度、同映画祭への出品を経験しており、『HANA-BI』('97)で金獅子賞(作品賞)、『座頭市』('03)で銀獅子賞(監督賞)、『監督・ばんざい!』('07)ではGLORY TO THE FILMMAKER賞とその全てにおいて栄誉ある賞を獲得してきた、常連中の常連。前作『アウトレイジ』は一昨年の第63回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されており、シリーズ通して2作品連続で世界3大映画祭へ殴りこみをかけることになる。北野監督本人も「どう観てくれるのか、前作『アウトレイジ』のカンヌ映画祭上映以上にその反応が楽しみ」と興奮を抑えきれない様子。森昌行プロデューサーも「これで作品のクオリティは保証されました。ロンドンオリンピックより一足お先に決勝トーナメントへ進出ですね」と時事ネタを絡める余裕を見せている。

北野監督と言えば、受賞のステージのたびに“芸人”ビートたけしとしての血が騒ぐようで、得意のギャグや放送コードぎりぎりのコメントで注目を集めてきたが、今回も公式上映への参加、さらにレッドカーペットにも立つ予定とのこと、どんなパフォーマンスを見せてくれるのかにもぜひ注目したい。

『アウトレイジ ビヨンド』は10月6日(土)より新宿バルト9、新宿ピカデリーほか全国にて公開。

第69回ヴェネチア国際映画祭は8月29日から9月8日(現地時間)までイタリア・ベネチアにて開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top