『テルマエ・ロマエ』阿部&上戸、トロント国際映画祭レッドカーペットに感激!

最新ニュース

『テルマエ・ロマエ』阿部寛&上戸彩 in トロント国際映画祭
  • 『テルマエ・ロマエ』阿部寛&上戸彩 in トロント国際映画祭
今年のゴールデンウィークに封切られながら現在も異例のロングラン上映を続け、興行収入59億円超えの大ヒット作『テルマエ・ロマエ』。現在開幕中の第37回トロント国際映画祭にてガラプレミアでの上映が9月8日(現地時間)に行われ、本作で主演の阿部寛を始め、共演の上戸彩、原作者のヤマザキマリがレッドカーペットに登場した。

古代ローマの浴場設計技師・ルシウスが現代の日本へとタイムスリップし、日本の風呂文化の利点をローマのために取り入れていく姿を独特のユーモアを交えて描き出す本作。日本での大ヒット、本場・イタリアでの好評、さらにカンヌマーケットでのフィルムバイヤーからの口コミを聞きつけたトロント映画祭側からのオファーにより、今回の正式招待が実現した。

この日行われたレッドカーペットイベントには、約30メートルの赤い絨毯に沿って世界各国から大勢のマスコミ陣や海外の映画ファンたちで埋め尽くされ、阿部さんらが車から降り立つと大歓声が! 2人はサインやインタビューに応じながら、30分かけてレッドカーペットを歩いた。その後、行われた上映前の舞台挨拶では阿部さんが全編英語によるスピーチを披露し、現地メディアを驚かせた。

今回、映画祭に参加した感想を2人に聞いてみると、「レッドカーペットでは、前後にロバート・デ・ニーロやジュード・ロウが歩くと聞いてとても興奮しましたが、ゆっくり時間をかけて歩き、楽しむことができました。上映時はまるで初めての作品を観ているのかと錯覚するくらい新しい反応がたくさんあり、北米の方々にも大いに笑っていただけました」(阿部さん)、「日本の俳優として初めてトロント国際映画祭のレッドカーペットを歩かせていだき、とても光栄に思います。作品が受け入れていただけるかすごく心配していたのですが、同じ客席で観ていて今までで一番反応が良かったので、とても嬉しかったです」(上戸さん)と、共に海外映画祭での満足のいく手ごたえに思わず笑みがこぼれていた。

原作本の国内発行部数も5巻で800万部を突破し、海外からは引きも切らずに上映オファーが殺到したりと、“テルマエ旋風”はまだまだ世界を巻き込みながら勢力拡大中(?)のようだ。

『テルマエ・ロマエ』は、全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top