ローマ人なのに原作そっくり? 『テルマエ・ロマエ』キャストに阿部寛&上戸彩

最新ニュース

『テルマエ・ロマエ』に出演することになった阿部寛と上戸彩
  • 『テルマエ・ロマエ』に出演することになった阿部寛と上戸彩
  • ヤマザキマリ氏が阿部さん・上戸さんをイメージして描き下ろしたイラスト
  • 『テルマエ・ロマエ』に出演することになった阿部寛と上戸彩
人気漫画の実写版として高い注目を集める映画『テルマエ・ロマエ』の主演を阿部寛が務め、ヒロイン役を上戸彩が演じることが明らかになった。

次々と人気漫画の実写化が発表される中で「まさかの実写化!」と驚愕を受けた人も多いであろう本作。原作は、「マンガ大賞2010」、「第14回手塚治虫文化賞短編賞」のW受賞を果たし、累計発行部数はすでに250万部を突破している。古代ローマの浴場設計技師ルシウスが、ローマの公衆浴場から現代の日本の銭湯にタイムスリップ! 日本の風呂文化に衝撃を受け、タイムスリップを繰り返しながらそのアイディアをローマの浴場に活かしていく、という奇想天外な物語が展開する。

当然のことながら、主人公のルシウスはローマ人なのだが、「この人しかいない!」と阿部さんにオファーが。だが、原作のイラストと阿部さんの顔を見比べてみると…そっくり!? また、ルシウスが日本で出会う、“平たい顔族(=日本人)”の女性で漫画家を目指すキュートな真実を上戸さんが演じる。監督を務めるのは、TVドラマ版、そして劇場版の『のだめカンタービレ』シリーズを手掛けた竹内英樹。古代ローマを描くにあたって、イタリア最大の映画撮影所・チネチッタにある、古代ローマの巨大オープンセットでの撮影も敢行された。

阿部さんは「日本の風呂文化と古代ローマのテルマエ文化を対比させた原作の視点が面白い。時代、国境を越えて裸の人と人との付き合いがほのぼのとしていて、なごまされるコミカルな原作だが、映像では古代ローマ人・ルシウスの役を大真面目にやりたい」と気合十分。

上戸さんも「古代ローマと現代日本を行き来するという設定、阿部さんの演じるルシウスが面白すぎなので、私も負けないように、平たい顔族代表として真実を思いっきり演じたいと思います」と意気込みを語る。

原作者で、イタリア人の夫を持ち、綿密な考証を重ねて本作の世界を作り上げてきたヤマザキマリは、今回の映画化について「正直、原作を超えてしまいそうな大作になりそうでびっくりです。阿部さんは実に見事に古代ローマ人・ルシウスを演じておられ、ロケ地のイタリア人のスタッフも思わず『本物のローマ人みたいだ』と呟いていました。本当に凄いです!!」と阿部ちゃん版ルシウスにしっかりと太鼓判! トーガに身を包み、日本の風呂文化に感嘆する“ルシウス”阿部さん…。いったいどのような作品ができあがるのか?

3月半ばよりローマでクランクインした『テルマエ・ロマエ』だが、5月上旬にクランクアップの予定。公開は2012年、全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top