『レ・ミゼラブル』主要キャスト、撮影前のカラオケ大会で結束固め

最新ニュース

ニューヨークにてアマンダ・セイフライド、ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、エディ・レッドメイン -(C) Startraks/アフロ
  • ニューヨークにてアマンダ・セイフライド、ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、エディ・レッドメイン -(C) Startraks/アフロ
ヒュー・ジャックマンやアン・ハサウェイを始め、ハリウッド・スターたちが美声と熱演を披露する『レ・ミゼラブル』。主要キャストたちは、クランク・イン前にカラオケ・パーティで結束を固めたという。

ヒュー扮する主人公、ジャン・バルジャンの宿敵・ジャベール警部を演じるラッセル・クロウが音頭をとり、ヒューも含めたキャストが揃った。ファンティーヌを演じたアンは芸能情報番組「E! News」で「ラッセルがキャストみんなの親交を深める目的で金曜のディナーをセッティングしてくれたの。そこにはキーボードがあって、ピアノ奏者もいたのよ」と語った。いわゆるカラオケではなく、生の伴奏付きで歌ったというわけだ。

「私たち全員、すごく緊張して自意識過剰になってたのに、彼は全員に歌わせたのよ」。ファンティーヌの娘・コゼット役のアマンダ・セイフライドは「マペット・ショー」のカエルのカーミットの着ぐるみ姿でエミネムの「Lose Yourself」を歌ったそうだ。
「月曜日から撮影が始まったけど、互いに気心が知れているから、とてもリラックスして臨めたわ。ウォーミング・アップのときに謝り合ったり、歌う前にいちいち言い訳したりする必要がなかった。先入観を持たずに、すぐ共演者として一緒に仕事するモードになれたのよ」。作中では敵役のラッセルだが、面倒見の良さは、むしろジャン・バルジャンに近いようだ。



© Startraks/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top