アン・ハサウェイ、『レ・ミゼラブル』プレミア会場で下半身丸見えのアクシデント

最新ニュース

『レ・ミゼラブル』N.Y.プレミアに出席したアン・ハサウェイ -(C) ロイター/AFLO
  • 『レ・ミゼラブル』N.Y.プレミアに出席したアン・ハサウェイ -(C) ロイター/AFLO
アン・ハサウェイが今月10日(現地時間)、『レ・ミゼラブル』のニューヨーク・プレミア会場で、下半身が丸見えになってしまうアクシデントに見舞われた。

プレミア会場のジーグフェルド・シアターに車が到着し、アンが降車しようとした際、深いスリットの入った衣裳がまくれ上がり、下半身が露出してしまったのだ。アンは下着をつけていなかった。異様なほどの勢いでフラッシュを浴び、事態に気づいたアンは急いですそを下ろしたものの、すでに写真を撮られてしまっていた。衣裳はトム・フォードがデザインした黒のタフタのドレス。

その後、ヒュー・ジャックマンやアマンダ・セイフライド、ラッセル・クロウらとレッド・カーペットを歩き、いつもと変わらない笑顔を振りまいていたアンだが、後に「Vanity Fair」誌の記者に「車を降りようとしたときだったの。ドレスがとてもきつかったのよ。カメラのすごいフラッシュを浴びるまで気がつかずにいたの」とこぼしたそうだ。「ショックだったわ。彼らは全て見ちゃったのよ。あの人たちのためにスカートをまくり上げたみたいなものだわ」。

「New York Post」紙のゴシップ・コラム「Page Six」によると、アンはインターネット上に問題の写真が出回っていることについて「出ちゃったものはしかたないわ」と動じる様子はまったくなし。そればかりか「次に公の場で車から降りるときは、毛布にくるまって出ることにするわ。笑えるわよ」とジョークを飛ばしているそうだ。



© ロイター/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top