本田望結ちゃん「すごい! ヤバい!!」本物のゾウに大興奮

最新ニュース

『きいろいゾウ』公開直前プレミア
  • 『きいろいゾウ』公開直前プレミア
  • 『きいろいゾウ』公開直前プレミア(宮﨑あおい)
  • 『きいろいゾウ』公開直前プレミア(宮﨑あおい)
  • 『きいろいゾウ』公開直前プレミア(向井理)
  • 『きいろいゾウ』公開直前プレミア(濱田龍臣)
  • 『きいろいゾウ』公開直前プレミア(本田望結)
  • 『きいろいゾウ』公開直前プレミア(濱田龍臣)
  • 『きいろいゾウ』公開直前プレミア(本田望結)
西加奈子氏の人気小説を映画化した『きいろいゾウ』の公開直前プレミアイベントが1月29日(火)、都内で行われ、宮﨑あおい、向井理、濱田龍臣、本田望結、廣木隆一監督が出席したほか、タイトルにちなみ、千葉県・市原ぞうの国から本物のゾウのランディーがやって来て、イベントを盛り上げた。向井さんは長い鼻をなでながら「ちょっとチクチクしているけど、意外と柔らかい」とコメント。その鼻でランディーが、小さな望結ちゃんを持ち上げると、望結ちゃんは「すごい! ヤバイ!!」と大興奮だった。

映画は互いの秘密を知らないまま出会ってすぐに結婚し、片田舎の町に移り住んできた、天真爛漫な“ツマ”(宮﨑さん)と売れない小説家の“ムコ”(向井さん)の夫婦の温かな日常が、一通の手紙をきっかけに少しずつズレていくさまを描いている。

廣木監督いわく「現場は会話がほとんどなかった状態」だったと言い、宮﨑さんと向井さんは撮影後のプロモーションを通して、「よくしゃべるようになった」(向井さん)。それでも、宮﨑さんはインタビュアーからの質問に答えが見つからないと「すべて向井さんに丸投げ(笑)。いつも助けてくれて、すごく助かった」。そんな宮﨑さんに対し、向井さんは「まずは自分で考えればいいのに。そういうの良くないと思うよ!」と説教し、劇中さながらの“夫婦喧嘩”を披露した。

また、宮﨑さんは久しぶりに再会した濱田くんの成長ぶりにビックリした様子。現在小学6年生の濱田くんは、すでに身長162センチだそうで「来年には越されそう」(廣木監督)。ツマの幼少期を演じた望結ちゃんは「宮﨑さんが撮影中ずっと見守ってくださって、うれしかった」とニッコリ。撮影後、望結ちゃんから手紙を受け取った宮﨑さんは「とても丁寧で、ちゃんとした女の子」と目を細めていた。イベントには人気ボーカルグループ「ゴスペラーズ」も駆けつけ、映画の主題歌である「氷の花」を生熱唱した。

『きいろいゾウ』は2月2日(土)から、新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top