園子温、伝説のマンガを実写映画化! 前代未聞のYouTube公開オーディションを実施

最新ニュース

園子温、伝説のマンガを実写映画化! 前代未聞のYouTube公開オーディションを実施
  • 園子温、伝説のマンガを実写映画化! 前代未聞のYouTube公開オーディションを実施
  • 原作者の井上三太
  • 園子温監督
  •  -(C) SANTASTIC!ENTERTAINMENT 2013
漫画家・井上三太の伝説の代表作「TOKYO TRIBE2」を、『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』などの鬼才、園子温監督が『TOKYO TRIBE』として実写映画化することが明らかになった。

2014年に公開を予定している本作。また今回、YouTubeでの前代未聞の公開オーディション実施が決定した。

「TOKYO TRIBE2」は1997年から2005年までファッション誌「boon」に連載されていた井上の代表作。架空の町、“トーキョー”に生きる若者たちの暴力、犯罪、殺人、セックス、そして愛と友情にあふれた日常を、実に過激に、過剰に描写しており、現代社会に巣食う退廃した若者たちの暗黒面が曝されている。

原作者の井上さんは「プロデューサーと10年くらい映画化したいと温めていて、ついに念願かないました。東京を舞台にした映画はなかなかないということで、ずっとプロデューサーと東京を代表するような映画が作れたらいいなと言っていました。園子温監督が監督をしてくれるということで、毒×毒のように、園監督の強力にエッジのきいた演出で狂気をはらんだ作品になると思います」と期待のコメントを寄せている。

メガホンを取ることになった園監督は「TOKYO TRIBE2」の映画化について「伝説の漫画を監督するということでとても興奮しています」と喜びの声をあげ、「近未来の“トーキョー”を舞台にストリートギャングたちが大暴れする作品なので、わたしも大暴れするつもりです」と公言している。

また、本作では、日本映画では前代未聞のYouTubeによる「“SONO”映画に出たいか!?」と題された公開オーディションを実施することも決定。プロ・アマ問わずに募集すると言い、園監督は「新しい人たちと映画の新しい可能性をこの作品で発見したいと思っています」とコメント、井上も「僕の漫画のキャラクターがどのようになるのか、とても楽しみです」と期待をあらわにしている。「“SONO”映画に出たいか!? TOKYO TRIBE YouTube 公開オーディション」すでに受付がスタートしており、受付期限は5月31日(金)まで。詳細は『TOKYO TRIBE』公式サイトに記載されているので、園監督ファンはぜひチェックしてみて!

映画『TOKYO TRIBE』は2014年公開予定。

(C) 2014 INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS
(C) SANTASTIC!ENTERTAINMENT 2013
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top