【玄里BLOG】ウェイ・ダーション監督『セデック・バレ』

最新ニュース

【玄里BLOG】ウェイ・ダーション監督『セデック・バレ』
  • 【玄里BLOG】ウェイ・ダーション監督『セデック・バレ』
  • 【玄里BLOG】ウェイ・ダーション監督『セデック・バレ』
  • 良い画だなあ~。撮影監督天才。
  • 水も緑も光も暗闇も土の割れ目も 壮観。
  • この主人公のオジサンは誰なんだ! すごすぎる! 本業は牧師さんなんですって。眼力と体型がどっしり。
  • 紅い桜。日本で育つと桜ってすごーく心に沁みるんですね。見るだけで切ない。
壮大なスケール! 本気の台湾映画! とかそんな感想になるだろうなと思って劇場に入ったのに


観終わったらとても悲しくなってしまった。人は繰り返すんだね、争いを。


私たちの使命は歴史を生き直すこと。

でもただ生き直すだけじゃ能がない。

過去から学んで少しでも 平和の価値を、意味を知って進歩していると思わなければやりきれない。


私はきっと愛を知っている。

たぶん、そんなにずっと愛に囲まれていた訳ではないけれど
何度か体験したあれは、愛だ。

でも私は平和を知っているのかな。
私が平和だと思っていた日常はまやかしかもしれないよ。


私にくれた愛はまやかしなんかじゃないと言い切れるけど
私が当たり前に享受していた平和は、と聞かれると否定できない近頃。


愛は二人で作れるけど
平和は二人じゃつくれない。


お話は1930年代、台湾の原住民と統治支配する日本軍のお話。
日本にアンフェアな描かれ方はしてない。ただ、押しつけられて殺し合って殺される。それだけ。それだけ。


それだけ、っていうのも変な話じゃないか。私は、映画の中のあの人たちは、誰に怒ればいいんだろう?


もっと、アバターみたいな娯楽映画かと思ってたから。

油断してたら
心の、きっと誰もが持ってた柔らかい部分をぐわしと掴まれてしまった。



エンドロールに流れた原住民の唄の歌詞。

耳に切り刻まれてしまった。拭ってももう指が届かなくくらい深くに、浸水。


「お前達の喜びの涙は魂の中で既に枯れている
私の真の子供たちよ 知っているか
無念を噛み殺さなければ夢は語れない

私の真の子供たちよ 一体何をしているのだ どうしてこんなことに」。


憎み合うことに、慣れませんように。



『セデック・バレ』(2011年・台湾)----------------------------------------------


監督・脚本:ウェイ・ダーション
製作:ジョン・ウー、テレンス・チャン、ホァン・ジーミン
プロダクションデザイン:種田陽平
美術プロデューサー:赤塚佳仁
アクション監督:ヤン・ギルヨン、シム・ジェウォン

出演:
リン・チンタイ(林慶台)/安藤政信, ビビアン・スー, ダーチンほか

*2013年4月20日(土)より全国劇場公開中。
《text:Hyunri》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top