【玄里BLOG】ウォン・カーウァイ監督『グランド・マスター』

最新ニュース

『グランド・マスター』 -(C) 2013 Block 2 Pictures Inc. All rights Reserved.
  • 『グランド・マスター』 -(C) 2013 Block 2 Pictures Inc. All rights Reserved.
  • 【玄里BLOG】ウォン・カーウァイ監督『グランド・マスター』
  • 【玄里BLOG】ウォン・カーウァイ監督『グランド・マスター』
  • 【玄里BLOG】ウォン・カーウァイ監督『グランド・マスター』
  • 【玄里BLOG】ウォン・カーウァイ監督『グランド・マスター』
  • 【玄里BLOG】ウォン・カーウァイ監督『グランド・マスター』
仕事柄、 好きな映画は? と良く聞かれます。実際のところ 好きな映画は沢山あってとても選べない、でも、まず答えるなら『花様年華』。


私が映画に初めて恋したのはウォン・カーウァイ監督の『花様年華』でした。


行ったこともない国、生きたこともない時代の話なのに
懐かしいと思った。ここに還りたいと思った。
あのスクリーンに入りたい、って思った。


画面全体に漂う色気。朱と、少し襟の高いチャイナドレスにドキドキ。
艶やかというのはこういうことか、と。


そんなウォン・カーウァイ監督の待ちに待った新作。


もはや、嬉しいを飛び越えて“有り難い”の境地。二時間、夢中でした。
きっとこの作品に関して私は、出来映え云々なんて恐れ多くて語れないです。
存在してくれるだけで良いんです。


お話は、ジャッキー・チェンの師匠と呼ばれるイップマンの伝記。


勿論アクションシーンに力が入っているけれど
スクリーンの吸引力がグンと高まるのは、男と女が描かれる時。


微妙で絶妙な距離感。視線と反対方向の余白。詩の世界ですね。
ウォン・カーウァイさん、あなたのリングはこっちですよー。


アジア映画の可能性をありったけ詰め込んだ映像美。
カラーデジタルで人の肌が綺麗、と思ったのは初めてかもしれない。
照明、なのでしょうか。雨の水滴。吹雪に揺れるファー。
徹底して美しいものだけをスクリーンに映す心意気。


何度でも、何度でもスクリーンで観たい。観れるうちに。


音楽も、『花様年華』と同じ梅林茂さん。
サントラで言えば、『花様年華』とおなじくらい『2046』もオススメです。
《text:Hyunri》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top